日本で増加→40代の童貞男たち

サカイタカシさん(仮名)は41歳の健康な男性だ良い仕事に就き、笑顔がチャーミングで、恋愛対象は女性だ。だが彼はセックスをしたことがない。日本で増加している、童貞のままの中年男性の一人だ

サカイさんは一人の女性とどんな種類の関係も持ったことがなく、どうやって女性と出会うのかも分からないと語る。「彼女がいないし、できないし」「やる気がないといっても全くないわけじゃなくて、女性に対してはいいなと思うし。ただ他の人と同じように、それが結婚して子どもを生んでというコースに乗っかっていかないんだと

サカイさんの話を聞いて、ハリウッドのコメディー映画『40歳の童貞男(The 40-Year-Old Virgin)』の主人公を思い浮かべるかもしれない。だが、スティーブ・カレル(Steve Carell)が演じたような社会不適合者では決してない。サカイさんは日本社会に数多くいる男性の一人なのだ

国立社会保障・人口問題研究所(National Institute of Population and Social Security Research)が2010年に行った調査によれば、30代で独身の日本人男性の約25%が童貞だという。1992年に実施された同様の調査結果から約3ポイントの上昇だ。バブルが崩壊し、日本経済が長い低迷期に陥った時期と重なっている

全国地域結婚支援センター代表の板本洋子(Yoko Itamoto)氏は、安定した常勤職を見つけるのに苦労する日本の男性が増えており、彼らは経済的去勢を強いられているという。「自分の経済力に自信がもてなくなった。それを乗り越えて女性にアプローチする自信がまずなくなってしまう日本のこの20年間の中で、やっぱり男性はかなり厳しい状況の中、競争社会の中で、逃げられないでいるんじゃないか

女性と精神的・肉体的な関係を築けないことによる痛みを、49歳の建築家(匿名希望)の男性はよく知っている。彼は人生の中で2回、女性に対してロマンチックかつ性的な感情を抱いたことがある。最初は20代半ばのとき、次はそれから20年後だった。しかし、2回とも振られた。「ものすごい精神的ストレス」だったと彼はいう。「自己の存在意義の否定というふうに非常に重たく」受け止めた。2回とも体重が激減したが今は一生涯、独身で童貞のままではないかと不安になっている

■セックス経験のない人のための「学校」

直接比較できるような国際統計を見つけるのは難しいが、日本人は他の先進諸国と比べて全体的にセックスをしていないとされる。前述の2010年の調査では、日本の18~19歳の68%が童貞だと回答。同年にコンドームメーカーのデュレックス(Durex)が欧州で行った調査で、15~20歳の童貞率はもっと低かった。例えば、20歳になるまでにセックスをしたことがない男性は、ドイツで20%未満、保守的なトルコでも37%だった

一方、障害者の性に関する支援などを行っている非営利団体「ホワイトハンズ(White Hands)」の坂爪真吾(Shingo Sakatsume)代表理事は、現代日本の男性が直面している難しい問題は、この国ではテレビや漫画や街中に性的なイメージが氾濫している一方でセックスに関して真剣に話し合われることがほとんどないことだという

現代社会の特徴として、性というものを学ぶ場がないと思う。恋愛にしてもセックスにしても結婚にしても」と、坂爪氏は話す。「性的な自立が社会的な自立につながる障害のある人でも自分の性を認識して、自分の性があるということを認識した上で他人との関係を作っていくということ、これができる人は社会参加もしやすい自分の性を認識できなかったり、どう性と向き合っていけばいいか分からないと、なかなか社会参加ができない

坂爪氏は現在、セックスをすることにバリアを感じている健常者の支援も行っている。具体的には、セックス経験のない人のための学校「ヴァージン・アカデミア」を開き、パートナーの見つけ方や、建設的な関係の築き方などに関する講義をしている。昔は厳格な社会的道徳観が人生の節目を乗り越える助けになったと、同氏はいう。だが今では「個人が自己責任で相手を探して交渉して付き合ってセックスまでいってと、全部自分だけの力で頑張るということになってしまった

サカイさんはホワイトハンズの「ヴァージン・アカデミア」に参加し、そこで女性の体を理解するための一環として裸婦を描くヌードデッサン会に通っている。「初めて見たのは去年の秋だったモデルさんが、まあ、とにかくきれいでびっくりした」とサカイさんはいう。「胸とか性器とかも色んな形があるんだと

サカイさんはこうした勉強が有益だと感じている。これで誰かとセックスできるかどうかは分からないが、経験がないことで卑屈になることはないと思えるようになった。サカイさんはいう。「そういうことで悲観することはない」「そんな大したことじゃないんだ、死なないんだという話

参考 AFP 2015.07.01

 

【関連する記事】