日本こそアジア最強の宇宙軍事国

米誌フォーブスは、日本こそがアジア最強の宇宙軍事国だと指摘した。2日付で環球網が伝えた。

記事は、日本は関心を寄せるべき宇宙軍事分野の「有望株」であり、その実力を軽視してはならないと指摘最近は中国の宇宙空間における実力が世界中から注目されているが、実際には日本こそがアジア最強の力を持っているとした

軍用と民用の宇宙技術の境界線はあいまいで、各国の実力差の判断を難しくさせている。軍用と民用の技術は90%が相互に応用が可能であることから、各国は民用や商用と偽って宇宙軍事力を高めることが可能である

日本は北朝鮮が科学研究という名の下に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術実験を行っているとの疑いを抱いており、北朝鮮が「科学衛星」を打ち上げた際も抗議した。だが、日本も第2次大戦後、同様の「偽装」方式で、イプシロンロケットを含む液体・固体燃料ミサイルの実験を行っている

日本は周到に計画し、国際社会からの監視を逃れながら、アジアの他の国と同等の宇宙軍事技術を発展させていると記事は指摘した

参考 FOCUS ASIA 2015.06.04

 

【関連する記事】