日本が開発した「P-1」哨戒機は凄いらしい!

中国では6月下旬から、海上自衛隊が運用する哨戒機「P-1」にかんする記事が急増した。海自が6月25日に報道陣に初めて公開したことが影響しているようだ。「革命的進歩。中国の潜水艦の脅威になる」、「中国の『運-8Q』はかなわない」、「軽視できない。南シナ海で(中国にとって)苦境をもたらすかも」など、警戒する記事が多い

人民日報系のニュースサイト「人民網」は1日付で、「日本のP-1哨戒機には革命的進歩。中国の水下武器(潜水艦を指す)に脅威になる」と題する記事を配信した

同記事はまず、海自がこれまで運用してきた「P-3C」に比べ、P-1は潜水艦探知能力が向上したと指摘。さらに、光ケーブルの使用で機密保持性が向上したことや、ターボファンエンジンの採用で速度が向上し、目的海域に迅速に到達できるようになったことにも注目した

P-1は沖縄など日本の南西地区に大量に配備されるとして、「中国およびその他の国の海中目標の活動にとって巨大な脅威」と論じた

中国メディアの環球網は英誌「ジェーン・ディフェンス・ウィークリー」によるとして、中国の新型哨戒機「Y-8Q(運-8Q)」が就役したと紹介。中国海軍の最大の弱点の1つは対潜能力であり、「Y-8Q」は中国海軍にとって重要な意味を持つが、在日米軍が運用する「P-8」、日本の「P-1」と比べて「Y-8Qは差をつけられている」と論じた。チャイナネットも同記事を掲載した。

「Y-8Q」は1974年初飛行の輸送機「Y-8」の機体を用いたものだ。「Y-8」は1957年生産開始のソ連(現ロシア)の「An-12」の「外観だけでは見分けがつかない」ほどのデッドコピーとされる。環球網は、「Y-8Q」がターボボプロップ機であるのに対し、「P-8」と「P-1」はジェット機と指摘した

環球網は7月6日、改めてP-1の「脅威」を強調する記事を掲載。「偵察機」の分野では「総合的に、世界で最も優れている機体の1つ」と紹介した

さらにP-1は中国にとって南シナ海情勢で「極めて大きな苦境をもたらす可能性がある」と主張。同機は輸出される可能性があり、特に南シナ海に面する国がP-1を購入した場合、「中国にとって相当に面倒なことになる」と指摘した

参考 サーチナ 2015.07.07

【関連する記事】