日本が米国に「新幹線」を売り込むそうだ

中国メディアの中国新聞社は20日、日本の報道を引用し、安倍晋三首相が26日から米国を公式訪問すると伝え、「安倍首相は米国に新幹線を売り込むと見られる」と報じる一方、「米国では高速鉄道の建設は“莫大な資源の浪費”につながるとして反対する意見もある」と報じた

記事は、米カリフォルニア州で高速鉄道の建設プロジェクトが進行中であることを伝える一方、現地では保守的な人びとを中心に総事業費680億ドル(約8兆800億円)もの巨大な投資は「次世代に巨額の債務を残すことになる」として反対の声もあると紹介した

また、米国では鉄道について「自家用車を購入できない人びとが仕方なく利用する交通機関であるとの偏見も依然として存在する」と伝え、果たしてカリフォルニア州の高速鉄道は計画どおりに利益をあげることはできるのだろうかと疑問を投げかけた

そのほか記事は、米テキサス州では民間の投資によってダラスとヒューストンを結ぶ高速鉄道の建設計画があることを紹介し、2021年に開通予定の同プロジェクトではJR東海の技術が採用される見通しだと紹介

さらにJR東日本がカリフォルニアの高速鉄道プロジェクトに「売り込みを強化している」と伝え、JR東日本の関係者が地震の多いカリフォルニア州において「新幹線は地震に対する安全性と対策を備えている」と胸を張ったと紹介した

参考 サーチナ 2015.04.23

【関連する記事】