日本が恋しい!

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で9万人近いフォロワーを有する中国のネットユーザーが先日、日本に対する恋しい思いを打ち明けたところ、多くのユーザーの注目を浴びた

このユーザーは「やはり日本はいい何の店だか、どんなメニューなのかがすぐ分かる。店の外にいろいろ掲示されているし、メニューだって外に置いてある。チップはいらず、すべてにおいて最高級なサービスの価格は料理代に含まれている。とても日本が恋しい。米国では朝食を食べるくらいでいろいろ大変だった。日本では食べものもサービスの質も高く、日本がお金持ちにとっての天国だということが分かった」とつぶやいた

ユーザーのツイートに対して、ほかのユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

日本はお金持ちにとっての天国であるばかりか、一般庶民や貧乏人の天国でもある。みんな質の高い生活が送れるのだから

激しく同意する!でも、米国は自己アピールがとても上手」

食べ物に関しては、米国はダメだね

「実際、米国も金持ちにとっては天国。ただし、英語がペラペラでないとね」

一般庶民だって日本は好きだ

日本を旅行すれば、嫌いになる人なんて誰もいないよ

どうりで『反日な人は日本に行くと反日でなくなる韓国好きな人が韓国に行くと韓国が嫌いになる』という噂があるわけだ

参考 FOCUS ASIA 2015.01.30

 

【関連する記事】