日本→次世代無燃料メタンハイドレート

日本の資源エネルギー庁が同日、日本海の秋田・山形県沖と新潟県上越沖の3か所でメタンハイドレートを採取したと発表したことを報じた

日本は、昨年3月の調査で渥美・志摩半島沖でメタンハイドレートを採取したが、日本海での採取に成功したのは今回が初めて

また、今年度の音波探査では、埋蔵の可能性がある地点が新たに746か所発見され、昨年度の調査と合わせると971か所になった

メタンハイドレートは、天然ガスの主成分メタンと水が結合した物質で、氷の状態で海底の地層などに埋蔵されている

日本近海には、日本の天然ガス消費量の約100年分が埋蔵されているともいわれ、次世代のエネルギー源として期待されている

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。主なコメントを紹介しよう。
「韓国が独島(日本名:竹島)を欲しがるのもそれが原因じゃないか」

「日本が独島を欲しがる理由も、これが最大の理由。あれ売って一儲けしようとは、やはり猿だな!」

「だとしても、独島には手出しできない」

「数世紀の間に地球の資源が枯渇するのは避けられない現実だろう。その前に今 の時代の人間はみんな死んでいるだろうが」

「100年以内に沈没するという点が落とし穴w 」

韓国は手をこまねいて右と左の喧嘩に明け暮れ、国が滅ぶだろう

「戦争の時代が近づいてきたな…」

「メタンハイドレート層を下手にいじると一遍に発火して超地球温暖化するってご存知でしょう?だから採掘も困難な訳で。下手すれば終末を迎えるのです」

「独島が自国の領土だと強弁するところを見ると、独島近海の埋蔵量が相当あるみたいwww」

「それは掘るな、お前らの墓になるぞ。地震がもっと起きる…」

「金大中が独島を共同水域にしようとした結果が、こんな形に」

あれが商用化されれば、日本にとって戦略的に大きな資産になるだろう。価格が高く商業的には大きな利益が無くても、外交ではエネルギー禁輸で日本を圧迫できなくなり日本の致命的な欠点が一つ消える。外交交渉面で強大な武器になる

参考FOCUS ASIA.COM 2014.12.26

 

【関連する記事】