日本→家計の金融資産1654兆円

日銀が18日に発表した2014年7─9月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は9月末に前年比2.7%増の1654兆円となり、過去最高を更新した。好調な収益状況を背景に、企業の現金・預金残高も過去最高となった。大規模な国債買い入れを続けている日銀の国債保有が累増しており、残高の約4分の1を占める

家計の金融資産残高が前年比で増加するのは16四半期連続。過半を占める現金・預金が前年比1.7%増の870兆円となったほか、株高などを受けて保有資産の評価額が拡大投資信託は同14.9%増の86兆円と過去最高、株式・出資金も同5.6%増の156兆円となった。

ただ、7─9月期の家計は7.6兆円の資金不足となり、前年同期から資金不足幅が拡大した。今年4月の消費税率引き上げに伴う、家計の支払い増などが影響したとみられる。

企業の金融資産残高は同9.9%増の972兆円と11四半期連続で増加。株価の上昇を受けて株式・出資金が同16.7%増加するとともに、良好な企業収益を反映して現金・預金も増加基調が継続、残高は233兆円と過去最高を更新した。一方、企業の対外直接投資は同16.4%増の73兆円となり、積極的な海外投資姿勢もうかがえる

地方公共団体などを含めた一般政府の負債残高は、過去最高の1177兆円財融債を含めた国債発行残高も最大の1015兆円となった

国債の保有者のうちわけをみると、量的・質的金融緩和(QQE)の推進で大規模な国債買い入れを続けている日銀が233兆円を保有。前年に比べて37%増と急拡大している。国債発行残高の22.9%を占める最大の保有者で、比率も過去最高となった。

一方、国内銀行は引き続き残高を削減している。9月末は127兆円となり、同7%の減少。中小企業金融機関も同10.3%減の150兆円となった。海外投資家は同13.8%増の90兆円を保有しており、残高に占める比率は8.9%となっている。

参考 ロイター 2014.12.18

【関連する記事】