日印首脳→東・西シナ海深刻な懸念共有

米国訪問中の安倍晋三首相は1日午後(日本時間2日未明)、ヨルダンのアブドラ国王と米ワシントンで会談し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)によるテロへの対策や、隣接するシリア難民流入問題など幅広い分野で一層協力を強化する方針で一致した首相は「困難な状況の中で中東地域の安定を支えるヨルダンの努力を支持している」と述べた

首相は日本政府がIS支配地域から逃れた難民に対する支援の拡充や廃棄物処理の推進、水不足の解消に向けて、給水車など約19億円分の無償資金協力を決めたことも伝えた国王は謝意を示した

この後のインドのモディ首相との会談では、中国が海洋進出を続ける東・南シナ海情勢について「深刻な懸念」を共有するとの認識で一致。首相は、中国を念頭に「東シナ海や南シナ海で現状を変更し、緊張を高める一方的行動を深刻に懸念する」と表明したモディ首相は「相互依存が深まる国際社会では国際法に従った対応が必要だ。考えを支持する」と応じた

ISなどのテロ対策では5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、結束をアピールする意向も示した

産経新聞2016.04.02

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】