日中首脳会談→非常に有意義だった

韓国・アジア経済によると、日本政府は22日開催された日中首脳会談を「非常に意味があった」と評価した

22日、インドネシアのジャカルタで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で、安倍晋三首相と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が首脳会談を行った会談は終始和やかな雰囲気で行われ、記者団にも手を振るなど、両首脳とも友好ムードを演出した菅義偉官房長官は23日の定例記者会見で、「大変有意義な会談を行うことができたと受け止めている」とし、「日中関係を改善する方向に進めようとする両首脳の意見が一致した。今後もこうした意見交換をしていきたい」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「中国の自尊心はその程度か」

中国は日本と近づく方が得だと思っているんだろう中国人はもともと金のにおいをうまくかぎ分けるからな韓国人は余計なプライドのために、チャンスをよく逃す

永遠の友はいない各国ともただ利益を追求するだけだ。米中は自分たちにメリットがないことは絶対にしない

中国のこのような変貌ぶりをみても、結局、韓国は自分で強くなるしかないということだ韓国が強い国になれば、中国も米国も日本を捨てて、韓国に戻ってくる

なんだか韓国だけ仲間外れにされていじめられているようだ

結局、日中友好か韓国外交部はこれまで運が良くて何もしないでも何とかやってこられたけど、結局このありさまだ

日米に背を向けて、中国に近づいたのにこの結果か

参考Record China 2015.04.24

 

【関連する記事】