日中関係悪化も中国人には→日本が最高

韓国・アジアトゥデイは日本と中国の関係は悪化の一途をたどっているが中国人観光客は日本を最高の旅行地として選んでいると伝えた。

日本の観光庁によると今年1~8月に日本を訪れた外国人観光客1287万人のうち、中国人観光客は334万7000人で最も多かった

また、今年8月の訪日外国人観光客数は前年同期比63.8%増の181万7100人で、8月として過去最多を記録した。国・地域別に見ると、中国からの観光客が59万1500人で最も多く、韓国(39万1000人)、台湾(31万3900人)が続いた

これについて、韓国メディアは安倍晋三首相が戦後70年談話を発表した直後の8月、中国人観光客数は他の国を抑えて1位となった」と指摘し、「中国人の反日感情と中国人観光客の心が反比例しているようだ」と伝えている

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

韓国人も一緒反日を叫びながら日本旅行でお金を使う日本に行くのは良いが、ごみを道に捨てるなど、マナーのない行動をして韓国のイメージを下げるのはやめてほしい
「放射能の問題で日本好きの外国人が韓国に流れてくると思っていたのに、日本は放射能もはねのけた。東京に行って驚いたが、道路や有名店は外国人だらけで、誰も放射能のことなど気にしていない様子だった
「安倍首相に会いに行くわけじゃないからね。親切で礼儀正しい日本国民を嫌う理由はない

日本ならもっとすごい記録を作れる!僕も今年、東京と大阪に行って、日本の記録に貢献したよ」
日本のデパートや電車は中国人だらけ。日本に行った気がしなかった。静かな日本を感じたかったのに…」

感情と行動が一致しないのは韓国人も一緒アサヒビールを飲みながら日本の悪口を言い、日本車に乗りながら『独島(竹島の韓国名)は韓国領』と叫ぶ
「韓国と違い、日本はリピーターが多いのだろう何度か日本を訪問したが、韓国の空港に降り立った瞬間に『また日本に行きたい』と思う

参考 Record Chna  2015.09.22

 

【関連する記事】