日中友好→「21世紀委員会」中国で開催

外務省は1日、日中双方の有識者が両国関係の在り方を話し合う「新日中友好21世紀委員会」の正式会合が3〜5日に中国の北京と西安で開かれると発表した。開催は2011年10月以来、約3年ぶり。

 当初は12年11月下旬に日本で開く予定だったが、沖縄県・尖閣諸島の国有化を理由に中国側が対日姿勢を硬化させ、延期になっていた。
4回目に当たる今回の会合開催で、日中間の交流が活発化する可能性がある

日本側から日本郵政の西室泰三社長、中国からは唐家セン・元国務委員らが出席する予定

政治や経済、文化など各分野で意見交換し、日中両政府に関係改善策を提言する方向だ

参考  毎日新聞  2014.12.01

【関連する記事】