日の丸ステルス機「心神」→来月テスト

日本が独自開発している第5世代ステルス戦闘機の試作機が、早ければ今年2月にもテストフライトをする予定だという日本が国産戦闘機関連でテストフライトを行うのは、F2以来およそ20年ぶり

米国の外交専門メディア「ディプロマット」は5日(現地時間)「ATD-Xまたは心神と呼ばれる日本独自のステルス戦闘機が来月、愛知県にある三菱重工業の開発施設から岐阜県にある航空自衛隊の基地までテストフライトする計画」と報じた

三菱重工業が2009年から開発しているATD-Xは基本的なステルス機能に加えて、電子戦機能を有するアクティブ・フェーズド・アレー(AESA)レーダー、軽微な機体の損傷を自動修復する機能などを備えているという巡航速度は時速1963キロ、最高速度は時速2410キロ、航続距離は2960キロに達すると伝えられている

 日本は18年までに試作機の開発を終え、27年からは戦闘能力を備えた機種を量産する計画だ。「ディプロマット」は「ATD-Xの試作機はこれまでに1機作られている」と分析した。

もし日本がステルス戦闘機開発に成功した場合、米国・ロシア・中国に続き世界で4番目のステルス機保有国となる

参考 朝鮮日報 2016.01.06

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】