新発明!→不快なエレベーターが快適に

ドイツの老舗企業、ティッセンクルップを御存じだろうか。製鉄・機械大手のティッセン社と、同じく製鉄から始まり重機や兵器を製造していたクルップ社という、重工業コングロマリットが1999年に合併して成立した会社だ

同社はエレベータ事業において、欧州最大シェアを誇る。しかし、世界ランキングをみると、オーチス、シンドラーに続く3位。とくに、現在のエレベータシステムをニューヨークの摩天楼での昇降用に生み出したオーチスの牙城は強力だ

そこで業界の技術動向を変えるべく、ティッセンクルップが起こそうとしているのが、一大イノベーションだ。ケーブルを用ず磁力で動かす新方式のエレベータを開発したのである。これにより一本のシャフトに沿って多くのキャビンを上下方向にも水平方向にも移動させることが可能になる。「さんざん待たされる」「やっと来ても満員」ということが多い不快な乗り物だったエレベータが、これによって大きく変わるかもしれない

高層ビルにおけるエレベータに関する技術は、1854年にニューヨークで誕生して以来ほとんど変わっていない。ティッセンクルップのエレベータ部門CEOであるアンドレアス・シーレンベック氏によると、その昔に存在したパタノスター式 (低速非停止式) のエレベータがこの新システムを考え付くきっかけの一つになったそうだ

エレベータのシャフトを最も効率的にうまく使うためには、パタノスター式がそうだったように、たくさんのキャビンを用いればいいのです。もちろんこの型はもはやドイツでは使用が許されていないのですが、ゆっくりとしか動かせないものの極めて効率の良い方式です」。

この止まらずに動き続けるパタノスター式エレベータはベルリンの経済技術省などで現役のエレベータとして残されている。新たに認可はされないが、古いエレベータシステムは現存しているため、それをみて刺激を受けた、ということだ。

ティッセンクルップの新システムも、パタノスター式と同様に多くのキャビンが周回する仕組みだが、その速度はずっと速くて、しかも所定の階に近づくとブレーキがかかり停止することができる

シーレンベック氏はこう続ける(1分01秒~)。「私たちが最初に取り組んでいるシステムのコンセプトでは、キャビンは8人乗りなので比較的小さく軽く作ることができます。そのためスピードは極めて速くできます。私たちの計算ではエレベータの扉の開閉に15秒から30秒あれば、8人の乗客が乗り降りできます」。

同社はフルサイズの初号機を2年以内に実現する計画だ。この革新的な技術により、エレベータ技術におけるトップ企業に躍り出ることを目指す。

ちなみにエレベータの世界シェア上位企業をみると4位以下に三菱電機、日立製作所、東芝エレベーター、フジテックなどの日本企業が並んでいる。当然、この新方式のエレベータが実用化されれば、日本企業も影響を受けるだろう。

参考 東洋経済オンライン編集部 2014.12.09

【関連する記事】