新日銀ネット→円の国際化を支援

 金融機関同士の円建て資金決済を担う日銀の次世代システム「新日銀ネット」が13日、全面稼働した日銀は来年2月に稼働時間を午前8時半~午後9時に延長するため、日系企業は日本-アジア間で円建ての即日送金が可能になる「日本円」の海外での利便性は飛躍的に高まる

 新日銀ネットは日銀と取引先の金融機関を結ぶ決済ネットワーク各行が日銀に預けている当座預金や日本国債を使って、金融機関同士の資金、国債の決済(口座振り替え)がオンライン処理される

 これまでの日銀ネットは稼働から約四半世紀を経たため、全面改修に踏み切った

 日銀ネットは従来、午前9時から午後7時までの稼働だったが13日に開始時刻を午前8時半に30分前倒しした。来年2月からは終了時刻を2時間ずらして午後9時とする

 アジア全域と日本の間で円建ての即日送金が可能になり、企業の資金効率は高まる。さらに、現地企業との取引に円決済が広がれば、企業は米ドルや現地通貨を抱えずに済み、為替リスクを小さくできる

参考 Sankei Biz 2015.10.13

【関連する記事】