新幹線を超えろ!→日独仏の攻防

1964年10月に東海道新幹線が開業するまでは、高速列車の「夢」は最高時速200kmだったその夢が新幹線によって世界で初めて日本で実現すると、それに刺激された鉄道先進国では時速200kmの列車の開発が進んだ

【詳細画像または表】

ドイツ、フランスでは在来線を最高時速200kmで走る旅客列車も誕生したがフランスの高速鉄道TGVが開業したのは東海道新幹線から17年後の1981年のことでドイツのICEの開業はそれからさらに10年後の1991年6月であった

■ 新幹線に追いつけ追い越せ

 TGVの開業までは東海道新幹線が世界一の営業運転速度である時速210kmを誇っていたこれを忌々しい思いで見つめてきたのがフランス国鉄で「日本に追いつけ追い越せ」とばかりにTGVの開発を進めた

TGV=「Train a Grande Vitesse=最も早い列車」という思いあがった命名からもその気持ちが分かろうというものだ。TGVは最高時速260kmで開業した

その後、鉄道の進化は時速300km超の時代へとさらに突き進んでいった。その先駆けを築いたのは、フランスのTGVとドイツのICE、日本の新幹線試験車両300Xという三大高速列車の試作車による速度記録だった

 TGVはパリ~リヨン間の高速新線で1981年、最初に登場した車両であるTGV-PSEタイプが最高時速380kmの世界速度記録を樹立して日本の新幹線に一矢を報いた。ちなみに日本映画の「新幹線大爆破」はパリで大ヒットして、よりフランスの愛国心が盛り上がった。

 TGVはその後も海外に売り込みのため、1990年にはTGV-A(大西洋線)の車両を高速走行用に特殊加工して時速515.3kmを記録している。さらに、2007年には開業前の高速新線、東ヨーロッパ線を使い、鉄車輪式の鉄道では世界最高速となる時速574.8kmの速度記録も達成した

一方のドイツは、堅実にゆっくりと超高速列車の開発を進めてきた。現在運転されているICEの前身、ICE-Experimental(試作車)は、1985年にドイツ北方の在来線で当時のドイツの速度記録となる時速317kmを記録した

たまたま筆者もTVクルーと同乗取材をしており、車内ではシャンパンがふるまわれた。このとき、西ドイツ国鉄(当時)の技術者たちは日本の新幹線を褒め称え「車内の国際電話から日本の国鉄に報告してくれ」と言ったほどだ

■ ドイツに影響を与えた100系

ドイツは日本、フランスなどに遅れて1991年に南北を結ぶ専用の高速新線を開業し、量産車であるICE-1を投入した

このICE-1には特別の思いがある。たまたまICE試作車の試験走行で乗り合わせたドイツの鉄道技術者が、新幹線の視察のため日本にやってきた

JRの協力を得られないまま彼は1か月もの間、当時の最新型だった二階建て新幹線100系に乗って東京~新大阪を何度も往復した。彼は車内設備を担当していた

ICEの開業初日、乗車して私は驚いた。ICE-1の随所に100系のコンセプトが生かされていたのだ

 ICE-1に生かされていた100系のコンセプトは、例えば食堂車の設計には100系の二階建て部分のようなドーム状の様式が取り入れられ、100系の展望食堂車のような明るい食堂車になったこと、これまで電波がとぎれがちだった車内電話も、100系の通話方式にしていつでも通話ができるようになったことなどだ。

サービス面でも、車内販売で本格的ドリップコーヒーが提供できるようになった。車内販売のワゴンも新幹線に酷似したもので、コーヒーのジャーは新幹線車内で使われているのと同じ「象印」のものだった

後日、この技術者とドイツ国鉄のナンバー2にインタビューしたとき「シンカンセンにはかねてからジェラシーさえ感じていた」と語り、ICE-1の開発にあたっては100系に大いに学ぶところがあった……と告白した日本を「敵視」してきたフランスのTGV開発とは格段の開きを感じた次第だ

■ 「元祖」より遅い最新の新幹線

このように、高速列車は時速300km走行の時代になり、ICEの現在の代表車であるICE-3や、フランスの2階建て車両TGV-デュプレックスなどは最高時速320kmで走行中だ

さて、国内の新幹線の最高速度といえば東京~青森間を結ぶ東北新幹線「はやぶさ」が一部区間で時速320kmの「世界タイ記録」で面目を保ち走行中、N700系が山陽新幹線内では時速300km、東海道新幹線内でも時速285kmの速さを誇っている

ちなみに最新の新幹線である北陸新幹線と、今年3月に開業する北海道新幹線は最高速度が時速260kmに抑えられているこれは全国新幹線鉄道整備法に基づく「整備新幹線」の法の下に規定される最高速度が時速260kmと決められているからである50年以上も前に開業した東海道新幹線よりも、北陸・北海道新幹線は遅いというわけだ

本格的に時速300kmを超える列車は「リニア新幹線」の開業を待つよりしかたがないというのが、日本の高速鉄道の現状のようである。     南 正時

参考 東洋経済 オンライン  2016.01.21

  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】