新型アルト→軽の本質

新型スズキ・アルトは新プラットフォームの採用などにより60kgものダイエットを成し遂げています

この60kgは、先代の燃費スペシャルであるアルト エコと新型アルトのCVT車との比較で、2WDの6MTの610kgはもちろん、2WDのCVTの650kgでも十分に軽い!

古いダイハツ・ミラ イースと比較するのは酷ではありますが、ミラ イースの2WD/CVT車は730kgですから、新型アルトにかけるスズキの気合いが伝わってきます。

アンダーボディの板厚を薄くしながらも超高張力鋼板を16%まで拡大し、スズキ初の樹脂製のフロントフェンダーやロアクロスメンバーを採用するなど、随所で軽量化を積み重ねていますが、曲げ剛性とねじり剛性は先代アルト エコと比べると約30%も向上しているそう

今回、最初に試乗したのは注目点のひとつ、オートギヤシフト(AGS)と呼ぶ、シングルクラッチのロボタイズドMT(2ペダル)で、こちらの詳細は別記事でご報告しますが、トランスミッションの出来の良さとともにその軽い出足に驚かされます

CVTに乗り換えても軽さの印象はまったく変わらず、アクセルペダルに軽く足を乗せるだけでストレスなくスムーズに走り出します

バン仕様のMTにも試乗しましたが、これはスポーティカーか! と声を上げたくなるほど軽快に走るのには本当にビックリ。

商用バン仕様の音・振動面はともかく、乗用仕様の前席は、軽い割に乗り心地も思ったよりも落ち着いていてこれならストレスなく毎日の足にできそうという仕上がりです。

高速道路に乗っても直進安定性も予想以上に良好で、法定速度までなら安心して走れました

後席に座ると、後輪のタイヤハウスやリヤゲートからかなり大きめの音が侵入してきますし、前席との会話も大声を張り上げる必要がありますが、前席中心の使い方をする人が多いと思われるアルトなら大きな課題とまではいえないでしょう。

もちろん、前席も上級のワゴンRやハスラーと比べれば遮音材の使用も抑えられているのでしょうが、「価格と軽さ」こそアルトの魅力ですから、変に「重く価格が高く」なるよりも潔さも感じさせます。

参考 cliccar 2015.01.23

 

【関連する記事】