文明は、過去も将来も指数関数的に進化

みなさんのお手元には、手の平サイズのスマートフォンがあると思います。もちろん、私も持っています。このスマートフォンの性能がどのように変化してきたかご存じでしょうか。

1970年前後、私はマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生でした。当時実験に使用していた最先端のコンピュータは、今のスマートフォンの数十億分の1の性能しかありませんでした。当時、スマートフォンと同じ性能のコンピュータを作ろうとしたら、およそ10億倍ものコストがかかったはずです。大きさにしても、手の平に乗るスマートフォンは、当時の大型コンピュータに比べてわずか10万分の1になっています

あのときから45年。この間に遂げた性能、コストパフォーマンス、キャパシティの著しい発展はすさまじい勢いです。実は、それはさらに続きます。しかもここから先は、指数関数的な増加を見せると考えられているのです

ご存じのように、指数関数は、爆発的な伸びを見せる関数です。直線的な数字では「1・2・3・4・5」と進んでいくところ、指数関数は「1・2・4・8・16」と進んでいきます。5回目ではそれほど大きな違いに見えませんが、30回を超えるとどうでしょうか。直線的な数字の進行では「30」ですが、指数関数的な進行では「10億」になります40回を超えると「40」に対して「1兆」、その差はもはや比較の対象にすらなりません

指数関数的に発達した30年後の2045年、コンピュータの進展とともに人類はどうなっているでしょうか。私はこう考えます

「人類の生物学的知性とコンピュータの人工知能を組み合わせた『人類文明の全知性』は、現在に比べて10億倍になっている。そのとき、コンピュータは血液細胞とほぼ同じ大きさになっている。人類は脳の内部にこのテクノロジーをはめ込み、脳をクラウド上に置き、思考をさらに大きくする――

 未来におけるこの現象を、私たちは「シンギュラリティ(技術的特異点)」と呼んでいます。これは単なる数字の遊びではありません。将来についての無益な推測でもありません。紛れもない現実として現出するのです。

シンギュラリティは困難な課題を解決する

人類は、技術開発を始めたときにひとつの変化を経験しています。

たとえば、目の前に果物が実っている木があったとしましょう。技術が何もない時代は、低い枝に実っている果物には手が届きましたが、高いところにある多くの果物には手が届きませんでした。人類は、手の届かないところにある果物を手に入れようと、手の届く範囲を広げるための道具を作りました。その道具を使うことで、人類の力だけでは手の届かなかった果物を手に入れることができるようになったのです。

その視点に立つと、人類は手の中にある端末で人類の全知識にアクセスできることになります。シンギュラリティを迎えるころにはこの端末を脳の中に入れることができるようになるでしょう。人類は手の届く範囲を際限なく広げることになり、生物学的限界を超越して生きられるようになるのです

脳に端末が入ることによって脳のバックアップを取ることができるようになり、人類はさらに賢くなる。その結果、人類にとって困難で、より深い問題を解決することができるようになります。現代では諦めるしかない健康上の問題やその他の疾患を乗り越えられるようになりますシンギュラリティは人類史のなかで最も特異な変化が起こるということなのです

しかし、シンギュラリティは非常に深遠な変化です。技術は諸刃の剣になり得るので、これから新たな問題も出てくるかもしれません。しかし現時点で、人類にすべてのことを正確に考察することは難しいのです。

人工知能がプライバシーを侵害し、最終的には人類を破滅に陥れると不安視する人もいます。しかし、火を思い浮かべてみてください。火は部屋を暖め、食べ物を料理するために使うこともできれば、村を焼き払うこともできます。繰り返しますが、技術は常に諸刃の剣なのです。幸いなことに、現在、人類は歴史上最も平和な時代を迎えています

今、まさに起こりつつある世界中の紛争を見るとそう思えないかもしれませんが、実際に世界で起こる「暴力」は指数関数的に減少しているのです。心理学者のスティーブン・ピンカーは、著書「The Better Angels of Our Nature」のなかで次のように説明しています。

暴力の量は急速に減少している。対人関係や国家的暴力であなたが殺される確率は、数世紀前に比べると500分の1になった。我々には民主主義があり、社会的コミュニケーションが民主主義を高揚させているからだ。我々はより豊かになっている何世紀も前には、生活に最低限必要な資源さえ不足し、それは暴力によって解決されていたのだ

技術に危険性があったとしても、それに対してできることがあります。新たなバイオウィルスを作るためにバイオ工学を用いるバイオテロリストを例に挙げましょう。炭疽菌などの恐ろしい生物兵器が生まれるのは恐怖でしかありませんが、一方で、人類を病気や加齢の恐怖から遠ざけることもできるというメリットもあります。

私は、新たなウィルスを検知し短時間で解析するシステムを持つ米軍と働いたことがあります。HIVウィルスを解析するためには5年という長い時間が必要でした。しかしSARSウィルスに要した時間は約31日です。今ではRNA干渉といった新たな技術を使って、新たなバイオウィルスと格闘する薬が数日でできるのです

人工知能は、多くの未来映画で見るような「悪い知能マシン」対「人間」という図式にはなりません。この技術は、人類とコンピュータを融合するものだからです

この技術を開発するためのコストは、毎年およそ半分になっていきます。このような新たな技術が生まれたばかりのころはうまく機能しないので、裕福な人しか購入することができません。

ですから現時点での人工知能は、20億人の手の中にあるものです。しかし、実際にうまく機能するころには非常に安くなり、最後にはほとんどタダに近い金額になりますいずれは、誰もがこの技術を享受する時代がやってきますこれが人工知能と人間との融合です。それによって私たちは自分たちをより賢くし、知能をより高いレベルに向上させていくことができるようになるのです

では、本当に危険性はないのでしょうか。それも完全にないとは言えません。しかし、人類はその危険を可能な限り減らしながら、乗り越える戦略を見出すことができると信じています

それは簡単な解決策ではないかもしれませんが、人類は安全性を優先しながら新たな技術を開発することに長けているはずです

「私たちは、いかにしてこの新技術を人類の問題解決のために使えるのか

私たちが、この新技術をいかに安全に保てるか

人類は、難しいふたつのハードルを乗り越えると私は確信しています。

参考 東洋経済オンライン 2015.01.15

【関連する記事】