政治局常務委廃止検討か?→中国共産党

香港誌・亜洲週刊の最新号は中国共産党が来年秋の党大会などを控え、最高指導部である政治局常務委員会の廃止を検討していると報じた

並行して常務委員の定年制(党大会時68歳)撤廃も検討中という

常務委は現在習近平総書記や李克強首相ら7人で構成。同誌によると、指導部の間で党内の制度改革を求める声が強まる中、常務委は「余計」な存在であり、「プラスよりマイナス面が多い」と批判が高まっているとされる

これに対処するため、既に共産党の中央党校や政府系シンクタンクの国務院発展研究センター、学術団体の中国行政体制改革研究会の専門家が常務委廃止を含め問題点の検討に着手したという

時事通信2016.05.06

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】