政府が企業に「朝型勤務」を要請

 朝早く出社して早く帰宅する「朝型勤務」政府は20日、経済界にこの勤務スタイルを取り入れるようにと要請しました夜の残業を減らし長時間労働をなくすことが狙いですが、「朝型」にすることで影響が出てくるところもあります

20日早く、通用口から続々と出勤する人たち。時刻はまだ7時前です。

「朝5時半に起きてます。今はこの生活に慣れた」(社員)

大手商社の「伊藤忠商事」は、おととしから働き方を見直し、「朝型勤務」を導入しました。食堂では、毎朝、バナナやパンなどが無料で支給されます

「効率良くなった。ガラッと変わりました。早く帰れるし」(社員)

朝型勤務を促すため、午前5時から午前9時までの間に働いた時間の賃金を高く設定。さらに、午後8時以降の残業を原則禁止にしましたこれにより残業時間が1人当たり月平均でおよそ4時間減り、会社全体で残業代を7パーセント削減できたといいます

「うちは共働きですけど、制度が導入されて、逆に僕のほうが早く帰れる状況もあって、その時間子どもとのコミュニケーションとったり」(社員)

政府もこの夏から「朝型勤務」に乗り出すことにしました。この7月と8月、霞が関の全省庁の職員を対象に、始業時間を1時間から2時間前倒しに。午前7時半から8時半に出勤し、午後4時15分から5時15分には退庁するよう促すことにしました狙いは慢性化している長時間労働の削減です

さらに20日、塩崎大臣が経団連を訪れ、朝型勤務を各企業でも取り組むよう要請しました

「朝起きるのが苦手なので」(街の人)
「早くなるのはいいと思います。電車もすいてるし、いいのでは」(街の人)

一方で、影響が出てくるのは、保育所です出勤時間が早まれば、子どもを預けにくる時間も早くなります。厚労省内に設置された保育所でも、対応を迫られています。

「もともとこの保育園は午前7時半オープン。今後もし(早朝預かりが)増えるのであれば、それに合わせた保育士の配置になる」(厚労省5号館保育室 松本糸子施設長)

厚生労働省は、他の保育所もできる範囲で「朝型勤務」に対応してほしいとしていますが、都内に通勤する親が多い、千葉県の保育所では

「うちはもう、これ以上早くは・・・。(現在の)6時45分でも保育士さんは1時間以上通勤にかかっている方は、家を5時半に出て6時15分までには来ていて、朝もいろいろ支度もあるのでこれ以上は難しいですね」(キッド・ステイ妙典保育園 保苅彩園長)

子どもも早く起きないといけなくなって、だからといって夜そんなに早く寝かせられないので、ちょっと困ります」(母親)

国をあげて取り組むこの夏の働き方改革。果たして「朝型勤務」は、広まるのでしょうか。(20日18:14)

 

参考 TBS系(JNN)2015.04.20

 

【関連する記事】