携帯シェアー →ソフトバンク減らす

総務省が23日発表した平成27年3月末時点の携帯電話など移動系通信契約数の事業者別シェアは、NTTドコモが42・4%で前年度比0・2ポイント増、KDDIが28・6%で0・5ポイント増、ソフトバンクは29・0%で0・7ポイント減だったソフトバンクが年度末時点のシェアを落としたのは、旧ボーダフォンから国内携帯事業を買収した18年度以来初めて

同社は米アップルの人気スマートフォン「アイフォーン」の販売で先行し、新規契約数から解約数を引いた純増数で独り勝ちを続けていたしかしKDDIに加えドコモも販売を始めた影響で、純増数が通年でほぼ半減し、シェアに響いた

一方、ドコモはアイフォーン効果や通話料定額プランの導入で解約に歯止めをかけたほか、「格安スマホ」を提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)経由の回線契約などもシェアを押し上げ、12年度以来14年ぶりに伸長した

MVNOの契約数は28・9%増の952万件。移動系通信の全体(携帯、PHS、ブロードバンド無線アクセス計1億5722万件)に占める割合は6・1%と1・1ポイント上昇した

参考 産経新聞 2015.06.23

【関連する記事】