拡大する住宅リフォーム市場

低金利が続き不動産の購入意欲が高いままで推移する中住宅リフォーム市場も活況を呈しているひと昔前は、住宅といえば新築を選ぶ人が多かったが最近は中古物件や今住んでいる家をリフォームする人が増えているようだ

2013年は、14年4月の消費税増税前の駆け込み需要の影響もあり、住宅リフォーム市場は前年比12.2%増と大幅に増加した(矢野経済研究所調べ)。この駆け込み需要の反動により、2014年は大幅減少が予想されていたが、実際は前年比3.6%減にとどまった。また15年の予測は6兆6,460億円で前年比0.8%減とほぼ横ばい。5年後の2020年には7兆3,000億円に達すると見られている

2020年東京五輪に向け需要高まる空き家ニーズ

 最初からリフォームを前提に古くなった物件を安く購入し、リノベーション専門の業者に依頼するケースも増えている

オシャレでおもむきのある物件を多く扱う東京R不動産は、物件が持つ空間をうまく活かせるかを考えた企画から手掛け、人気を集めている。名前に「東京」とあるように、当初は東京の物件を扱っていたが、今では山形、金沢、大阪、福岡と全国9地域に拡大している。

家電量販店大手のエディオン <2730> は今年9月1日から中古住宅の売買仲介事業に参入した。「エディオンハウジング」の名前でエディオン店舗内に営業所を設け、家電店内にある気軽に相談できる中古不動産店を目指す

エディオンは住宅リフォーム事業を2009年より行っており、オリコン本顧客満足度ランキングのリフォーム会社部門で1位になるなど、評価は高いリフォーム事業の売上は419億円にのぼる。中古物件の売買と住宅リフォーム事業と連携することで、物件内に設置する家電の購入まで含めたトータルで事業展開を行う

同社のように業界の垣根を超える企業は増えることが予想される。今後中古住宅流通市場の拡大が予想される中、すでにある自社店舗網を活用し、ワンストップサービスを提供できれば、消費者は安心かもしれない

政府も政策として空き家の活用を打ち出している。空き家の活用として他人に貸し出すAirbnb(エアビーアンドビー)が注目されているし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは訪日客の宿泊先の不足も予想されている今後も住宅のリノベーション、空き家活用は進むはずだ

参考 (ZUU online 編集部) 2015.09.10

【関連する記事】