抗生物質わ使わず治療→光線力学療法

ほとんどの抗生物質が効かないMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に感染した皮膚の傷を、アミノ酸の投与と発光ダイオード(LED)を使った光線力学療法で治療する方法を開発したと、大阪市立大の鶴田大輔教授らのグループが発表した。マウスを使った実験で効果が確認され、全身やけどなどの治療に応用が期待できるという。論文は21日、米科学誌プロスワンに掲載された。

近年、抗生物質の多用によって新種の多剤耐性菌が出現しており、抗菌薬に頼らない新たな治療法の開発が課題となっている。今回の方法は抗生物質を使用せず、新たな耐性菌を作らないため、研究グループは数年以内に臨床研究を行い、実用化につなげたい考え。

光線力学療法は、光を当てると活性酸素を発生させる薬剤を使ってがんなどを治療する方法で、耐性菌の駆除に効果がある

参考 時事通信 2014.08.21

【関連する記事】