成田空港に1600㍍→客を急がせるため?

成田空港第3ターミナルは、今年4月にLCC(格安航空会社)向けに開業した。中国で話題になっているのはターミナル内の床が陸上トラックになっていること全長は1650メートルあり、使用されている素材は実際の陸上トラックと同じものだ出発は青、到着は赤で色分けされており、移動中も乗客を飽きさせないための工夫だという。陸上トラックのデザインが施されてはいるものの、空港担当者は「安全のため、できるだけ走らないでください」と語っている

このユーモアあふれる仕様に、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

おもしろそう!
成田空港、いいぞ
創造力あふれる民族だな

「1等賞になったらチケットが割引になるとか?」
陸上トラックと空港の見事なコラボ。中国も参考にしていい。参考にするのであって、パクるんじゃないぞ」
「こういう細かいところが違うんだよな~」

「乗客を急がせるためだろ?」
「確かに、走りたい衝動に駆られる」
低コストで効果は抜群
急いでなくても走りたくなっちゃう

「ロイター板を置いてみよう」
「中国の空港をこんなふうにしたら、客からクレームの嵐じゃないか?」

参考 Record China  2015.07.21

 

【関連する記事】