慰安婦報道→8749人名誉棄損

朝日新聞の従軍慰安婦報道によって「日本国民の名誉と信用が毀損(きそん)された」などとして、渡部昇一・上智大名誉教授ら8749人が26日、同社を相手取り、1人1万円の賠償と謝罪広告掲載を求めて東京地裁に提訴した

訴状によると、原告側が問題視しているのは、朝日新聞が1982〜94年に掲載した「戦時中に韓国で慰安婦狩りをした」とする吉田清治氏(故人)の証言を取り上げた記事など13本。「裏付け取材をしない虚構の報道。読者におわびするばかりで、国民の名誉、信用を回復するために国際社会に向けて努力をしようとしない」などと訴えている

朝日新聞社広報部の話 訴状をよく読んで対応を検討する。

参考 毎日新聞 2015.01.26

【関連する記事】