慰安婦合意→着実に履行

 日韓両政府は22日、東京都内で外務省局長級協議を開いた

昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意後、局長級協議は初めてで、合意の着実な履行が必要との認識で一致。挑発行為を続ける北朝鮮の核・ミサイルへの対応をめぐり、緊密に連携していくことも確認した。

協議には日本側から石兼公博アジア大洋州局長、韓国側から鄭炳元東北アジア局長が出席。今月末の核安全保障サミットに合わせた日米韓首脳会談などについても調整したとみられる

時事通信2016.03.22

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】