感染性胃腸炎→回復方法

真冬はノロウイルスによる感染性胃腸炎の流行シーズン。症状には個人差があり、突然の吐気や嘔吐(おうと)、腹痛、下痢などを伴うのが一般的だ。症状が重いときには医療機関へ行っても、比較的症状が軽くて発熱が伴うと、「風邪かな?」と思うこともあり、市販の風邪薬や胃腸薬を飲んで様子を見る人もいるだろう

仕事を休めないゆえに、吐気に見舞われながらも「体力をつけよう」と無理に食事をとれば、さらに嘔吐や下痢に見舞われやすい。もちろん、乳幼児や高齢者は、ノロウイルスによる脱水症状により、命に関わることもあるため、医療機関での適切な対処が望ましい。だが、働き盛りの人はどう対応すればノロウイルスによる感染性胃腸炎から早く回復できるのだろうか

「その症状、もしかして薬のせい?」(セブン&アイ出版)の著者である、長尾クリニック(兵庫県尼崎市)の長尾和宏院長がアドバイスする。

ノロウイルスには、抗ウイルス薬はなく、予防のためのワクチンもありません。働き盛りの人が感染した場合、症状は2~3日で自然に治るのですが、市販の下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスを体外に排出することができなくなり治りづらくなります。また、体力をつけるため無理に食事をすると、ノロウイルスによる腸の炎症が悪化し、下痢や嘔吐の症状が激しくなります」

「私が患者さんに勧めているのは、①食事を2食抜くこと、②スポーツドリンクをチビチビ飲むことです。気分が少し良くなって食欲が出てきたら、消化の良い食事を少しずつ口にする。それが、早く治るコツです」

下痢止めで、ノロウイルスの排出を無理に止めるのは逆効果。しかし、腹痛が伴うと苦しい。こんな場合、薬を飲まずに、ひたすら耐えなければいけないのだろうか。

患者さんには、ノロウイルスの排出と関係のない整腸薬や、木(もく)クレオソート(一般名・正露丸)はお勧めしています。正露丸はいろいろな製薬会社が販売しているのですが、ロートエキスが入っているものとそうでないものがあります。ロートエキスが入っていると、副交感神経の作用を遮断するため、口が渇きや眠くなるなどの副作用もあるので注意が必要です」

お腹が痛いときには、整腸薬や木クレオソートを服用し、水分を補いつつ下痢や嘔吐でウイルスを早く体外に出してしまうと治りが早いそうだ

働き盛りの世代は3日間程度休養すれば治るのだが、中には出勤したところ、上司から「治癒証明書を提出しなさい」といわれた人もいるノロウイルスは、感染力が強いため職場での流行阻止を考えてのことだろう

しかし、ノロウイルスの有無を調べる「迅速検査キット」の検査は、多くの場合、保険適用外(3歳未満、65歳以上、抗がん剤治療中などは適用)で自費診療。施設によって費用は数千円~数万円とマチマチ。せっかく早く治っても、治ったことを証明するために検査を受けなければならないとは、ノロウイルスはやっかい極まりない。

「飲食店や医療従事者など、特定の人には検査が必要ですが、一般の会社員の方には治癒証明書は無意味です。なぜならば、ノロウイルスは、症状が治まっても1カ月程度は便に排出され続けるからです。また、そもそも感染しても無症状でウイルスだけ排出する人もいます。職場での感染拡大を防ぐならば、治癒証明書よりも、こまめな手洗いやマスクといった、エチケットを徹底させる方が効果的といえます」(同)。

手洗いやマスクは、ノロウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪の流行抑止にもつながると考えられている。日頃から職場でのエチケットの確立が、証明書よりも健康管理に役立つというわけだ。

甘いものを食べると免疫力が低下しやすい

職場や家庭内などで自らがノロウイルスの流行の火種にならないために、長尾院長は、次のような日頃の健康管理を勧める。

①睡眠時間を7時間前後確保する

② 1日3食、バランスのよい食事を適量に食べる。手作り弁当を持参するなど、外食は控える

③外出後や食事前などに手洗いや、水やお茶でのうがいをこまめに行う

④ 自律神経機能を高めて免疫力を上げるため、なるべく歩くように心掛ける

⑤甘いものを食べ過ぎない。

忙しいビジネスマンは、食生活が不規則になりがちです。結果として、免疫力が低下し、感染性胃腸炎だけでなくインフルエンザにもかかりやすくなります最も良くないのは、甘い物の食べ過ぎです」(同)。

疲れたときに甘いモノを食べると、ブドウ糖を主な栄養源にしている脳が元気になるといわれているが、糖分が体内に増えすぎると、免疫機能や認知機能が低下しやすくなるそうだストレス発散のためのスイーツは、ほどほどにした方が無難といえる

「2月14日のバレンタインデーの後に、チョコレートを食べ過ぎて、咳喘息(ぜんそく)という咳が止まらないアレルギー症状を引き起こす方がいます甘いモノを食べ過ぎると、免疫機能がバランスを崩して低下しやすくなるのです結果として、アレルギー症状が生じ、感染症にもかかりやすくなります。セルフメディケーション知識を持ち、それを活用することで、ノロウイルスだけでなくインフルエンザも予防していただければと思います」と長尾院長は話す。

参考 東洋経済オンライン 2015.01.31

【関連する記事】