愛が深まる→セックスレス解消

セックスレス大国といわれる日本「タイミングが合わない」「家族という存在になってしまって性欲がわかない」など、セックスレスになってしまう理由はさまざまあると思いますが、できることなら男として長く現役でいたいですよね。そこで今日は、セックスレス解消&予防策をご紹介します

■ステップ1:一緒のベッドで眠る

妻は子供と一緒で、夫は別の部屋で寝ている、という方も多いかもしれませんが、一緒に眠るだけで愛情が深まります

最近、流行った“ソフレ”という言葉をご存知ですか? 性的なものは一切なく、ただ添い寝をするだけの友達を指す言葉ですが抱きしめられることで“オキシトシン”というホルモンが分泌され、愛情や愛着を高める効果があります

また、ストレスを感じさせる“コルチゾール”というホルモンを減らし、睡眠の質もアップ。コルチゾールは男性力に欠かせないテストステロンの天敵でもありますまずは隣で寝ることから始めて、後ろからぎゅっと抱きしめてみてはいかがでしょう

■ステップ2:スキンシップ

しばらくセックスから遠のいてしまって、今さら誘いづらい……というのもセックスレスによくある理由ですよね。そうならないためにも、日ごろからスキンシップを欠かさないことが肝心です

寄り添ってテレビを観る、買い物に行く時に手をつなぐ、腕を組む、毎日“いってきます”と“おやすみ”のキスをするなど、触れることが当たり前の日常生活を送っていればいざという時もスムーズに雰囲気が作れますよ

■ステップ3:マッサージをしてあげる

スキンシップに照れがなくなれば、女性にマッサージをしてあげてみてはいかがでしょう

整体やマッサージを受けたことがある男性も多いと思いますし、ご自分が気持ち良いと思うようにやってみて良いと思いますポイントは“強くし過ぎないこと”、“ゆっくりすること”、“手のひらをピッタリくっつけること”。服の上からでも手のひらの温もりが伝わりますし、ゆっくりしたテンポで行うことで副交感神経が優位になるためリラックス効果が期待できます

気持ちの良い強さと場所を聞きながら試してみてくださいね

マッサージには科学的にコルチゾールを減らしストレスを軽減する効果や、病原菌と闘う白血球を増やしたり、免疫力を強くしたりする効果があるといわれていますマッサージをする口実を探している方は、そういった効果を口実に「マッサージしてあげるから後でしてくれない?」と誘ってみてはいかがでしょうか

参考 nikkan Care .ism  2015.06.03

【関連する記事】