意外と知らない温水洗浄便座の正解

1990年ごろから普及し始めた温水洗浄便座。訪日した中国人が爆買いするお目当ての“白物家電”としても有名だ。その爽快感と清潔感に病みつきの人も少なくないはずだ。しかし、思わぬ“罠”にかかっている人も多い。

 温水洗浄便座はもともと医療器具として、60年代半ばに欧米から輸入された。その後国内でも生産が始まり、日本で初めて一般家庭用に発売されたのは80年日本人の清潔志向も追い風になって、右肩上がりの成長を続けてきた2013年度の国内出荷数量は約425万台に達し、14年3月の内閣府調査によれば、普及率も一般世帯で76.0%。4軒のうち3軒以上の世帯に普及しているといい、日常生活で目にしないことはない生活必需品になりつつある

しかし広く普及する一方で、温水洗浄便座に由来する肛門(こうもん)の湿疹や切れ痔(じ)、出血などの悩みも見られるようになったその原因のほとんどは、温水洗浄便座の「使い方」を正しく知らないことにあるという

感染免疫学が専門の東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏は、こう説明する。

「肛門を含め、人間の皮膚には皮膚を雑菌から守る皮膚常在菌がいて、肌を雑菌に強いpH5.4~5.7に保っていますしかし肛門に何度も温水を当てる、強い水圧で当て続けるなどすると、この菌まで洗い流し、皮膚がpH7以上の中性になる剥き出しになった中性の皮膚には、雑菌が入り込みやすくなり、肛門が炎症を起こしてしまいます

悪化すると、皮膚がジメジメとただれたり、出血やピリッとした痛みが起きたりすることもあるようだこうした異変の発生には、便座に腰掛けている姿勢もかかわっている

「便座に腰掛けると肛門が開き、ちょうど弱まった粘膜が露出するような体勢になりますそのような状態で水の圧力が加わることが、肛門のかゆみや痛みを起こす引き金になるのです」(くらた医院院長で肛門内科を標榜する倉田正先生)

同じようにお風呂などで体をゴシゴシとせっけんで洗うと、皮膚常在菌のおよそ9割が洗い流され、肌がカサカサに乾燥し、かゆみを伴ってくることもある元に戻るまでには若い人で12時間、高齢者で20時間はかかるという。昨今話題になった、せっけんで体を洗わない「タモリ式入浴法」は、理にかなっているとか

くらた医院では、被害を防ぐため、既にお尻にかゆみや痛みがある患者には、手のひらを丸めた上に水をため、それをお尻にソッと持っていく「手洗い」をすすめているという。 「手洗いに抵抗がある人には、水圧を“やわらかモード”などに弱め、お尻に長時間当てないよう伝えています症状を起こす人は水圧が“強”だったり、長時間お尻に当てすぎたりしていることがほとんどなのです」(同)

温水洗浄便座の使用に注意を払えば、軽症患者なら2、3日で症状が消えるという

参考 dot  2015.04.06

 

【関連する記事】