意外と知らない→気管支炎の主な病状と原因

気管支炎の主な症状

気管支炎とは呼吸器疾患の一つで、太い気管から枝分かれした左右の気管支に起こる炎症です咳が長引くなど風邪の症状と似ているため、風邪と思い込む人も少なくないようです

風邪と気管支炎の違いは急性の上気道感染症の総称が風邪であるのに対し末梢の気管支などの下気道に炎症が出来る場合を気管支炎と呼びます

気管支炎の主な症状は咳や痰などの呼吸器症状で、頸や背中の痛みやこわばり、肩こり、手足の筋肉痛や関節痛、時には下痢や嘔吐を伴うこともあります

また、同じ気管支炎でも、咳や痰などの症状が90日以内で治まる場合を急性気管支炎90日以上、ときには数カ月の間にわたって症状が続く場合を慢性気管支炎と呼んでいます
気管支炎の原因

気管支炎は大きく分けると慢性と急性に分かれ、原因がそれぞれ異なります。

(1)急性気管支炎の場合

急性気管支炎の主な原因はライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルス感染がほとんどですこれらのウイルスには季節による流行性があるのも特徴です。そして、ウイルス以外には、マイコプラズマ、クラミジアなどの微生物が原因で発症する場合もあります急性気管支炎になると、風邪に似た症状になり、熱が下がっても咳はしばらく続きます

(2)慢性気管支炎の場合

慢性気管支炎の主な原因は喫煙による気道壁への刺激と考えられています。その他には、一酸化炭素や硫化物などの大気汚染、公害、埃の多い場所などの肺に影響を与える環境も原因も考えられます

慢性気管支炎は感染の有無にかかわらず、長期にわたって咳、痰の症状が続きます。また、肺気腫を伴う場合が多く、慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断されることもあります

慢性気管支炎を発症して放置しておくと、痰がたまって気道が狭くなり、ひどい息切れや呼吸困難になることもあり、さらに症状が深刻になると寝たきりなる可能性もあるので注意が必要です。「たかが咳だから大丈夫」と見過ごすのではなく、長引く場合は診察をオススメします

ヘルスケア大学2016.04.23

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】