悲鳴を上げる体と「女の賞味期限」

健康社会学者の河合薫さんが、アラサー独身会社員代表・ニケさんとの掛け合いでお答えする、リアル人生相談の連載、第14回。「末長く働き続けたいのに、カラダがついていかない」というお悩みに向き合います。

【詳細画像または表】

●あるあるカイシャ事件簿Vol.14
末永くはつらつと働き続けたい!
40代、そして50代以降の女性の働き方について、日々考えさせられます。
私は今まで、当たり前のように仕事を頑張ってきました。働くのは当たり前、そう考えてきたからです
でも、40歳を迎え、頑張れなくなってきた自分がいます。頭と体が噛み合わなくなり、キビキビ動いているつもりが、周りにはセカセカ余裕がないように見えたり。何となく気持ちや体調に波も出て、シフト業務がこなすのがしんどくなってきました
まだまだ頑張りたい、頑張らざるをえないと分かっているのですが、どうしていいか分かりません。河合さん、参考になるアドバイスをお願いします。 (40歳・派遣社員)

ニケ これって……更年期ってやつじゃないですか?

カワイ う~ん。これだけの情報ではなんともいえないけど、早い人は30代で変化を経験するので、その可能性はあるわね。私はね……経験ないのね。中には70代になってから症状が出る人もいるので、晩生なのかもしれないわね……。

ニケ さすが! 体力鍛えてるわけありますね~。目指せ、長寿世界一!

カワイ はい、はい、はい! 何でも目指しますよ~。でもね、ニケさん、更年期障害はね、体力とは関係ないし、今のような言い方は気を付けないと……。

ニケ わ、私、そういうつもりじゃなくて……。

カワイ 過剰に気を付ける必要はないけど、これくらいのお年頃になると正体不明のカラダの変化が起きるそのときに「更年期障害」って言葉が一瞬頭をよぎるんだけど、脳内のサルやウサギが一斉に「ノー!」って否定するのよ(笑)。

更年期障害ってことを認めちゃった途端女としての賞味期限のカウントダウンが始まってしまう気がしちゃうわけだから死んでも、他人から言われたくない。唯一許されるのが、同年代の女性かな

ニケ ごめんなさい(シュン)。でも……、確かに更年期障害って言葉のせいか、イメージメチャクチャ悪いですよね。それが余計にアラフォーをしんどくさせてる気がする。

カワイ そうですよ。ちょっとイライラしただけで、「更年期じゃない」みたいな陰口言われたり、自分ではどうすることもできないから、余計に傷つく。正しい知識を広めることはとても大切です

特に、これからは女性も定年まで働くのが当たり前の時代になるし、きちんとした知識を教育して、妙な偏見はなくさなきゃですよ

更年期障害の偏見をなくすには

カワイ 例えば、女性社会進出先進国である北欧では、徹底した教育が行われています。イライラ、大量の汗、もの忘れ、軽いウツ傾向、仕事のミス……。そういった症状が、40代前後から誰にでも起きると周知徹底されているので、更年期障害に対する偏見はほとんどありません

会社でも上司が部下の女性が異変に気付くと、更年期かどうかをドクターを交えて確認します。必要な場合には、上司が治療を促したり、休職を勧めたりするの。

ニケ すごい~。でも、最近オジさんも更年期あるっていいますよね?

カワイ その通り。男性は女性以上に更年期障害に関する知識がないから、人知れず悩む人が多い。特に、性欲が減退したり、ED(Erectile Dysfunction)になったりするから、自信を喪失する

そんなときに、「それって更年期障害では?」と他人から指摘されて、初めて男性にもあるってことを知って、「なんだそうだったのか!」って救われることがあるの。

ニケ 指摘されて嫌だったり救われたり。なんか難しいですねそもそも更年期障害って、名前が悪いですよね! 「オトナ思春期」とかでどうでしょ?

カワイ オトナ思春期……、いいわね、ソレ。40代前後って、「思秋期」って心理学の世界では呼びます。なので、オトナ思春期いいかもね

ニケ えええ、思秋期? 何ですか、それ?

カワイ あら、ずいぶん食いついてきたわね……。

人間には、「自分は何者なんだろう?」と自分の存在意義や価値を探索する欲求があります。自己アイデンティティです。で、その欲求が最初に強まるのが、子どもが大人(青春期)に成長する10代後半。だから「思春期」

ニケ ワオ! 思春期ってそういう意味だったんですね~。じゃ。思秋期は人生に飽き(=秋)る自分を思い始める、とか?(苦笑)

カワイ 座布団一枚! うまいこと言うわね~。あながち間違ってないし。

若いときって、仕事でも次々と新しいことができて、いろんな人と出会えるから、一つひとつ階段を上っているような気持ちなりますよね。でも、40代になると、会社でもだいたい自分の限界が見えてきて、「このままでいいのかなぁ~」って不安が募る再び、自分探しが始まって、まるで10代の頃のように、新たなアイデンティーを確立しようとする

春の次だから「秋」。それが「思秋期」。40代以降は「人生の午後」と呼ばれることもあります。

ニケ やっぱり、人生に飽きちゃうんですね!

カワイ (笑) むしろ「自分へのあきらめ」といった方が近い。

相談者の方がそうだったように、それまでは頑張るのが当たり前で、一生懸命ひたすら山を登ってきた。ところが、ある日ふと気付く。「あれ? これ以上登れないじゃん」って。すると無力感に襲われ、途方に暮れてしまうの

更年期障害って言葉を使った途端、いろんなものが一緒くたにされてしまうのだけど、肉体的にも、精神的にも、社会的にも、40代は変わり目にさしかかる時期。今までとは、少しだけ違う視点で、自分と向き合う必要があるんだけど、なかなかそれが難しい

ニケ うちの部長が、子どもの運動会で親子リレーで足絡まって転んで、松葉杖で会社来てるんですけど、これって自分と向き合えてないってことですよね?

カワイ ……ふむ。正解! そう。心はまだまだ「走れる!」って思っているのに、体は「無理」だからコケる

心と体の不一致です。これは相談者の方にも言えること。彼女は「以前のようにシフト勤務ができない」みたいだけど、シフトとシフトの間、どうやって過ごしているのかしら? 食事はどうしているかしら?

自分に合うライフスタイルを

カワイ 若い頃であれば、オールでカラオケやって、次の日も勤務オッケーでも、今は無理。「シフトがしんどい」と決めつける前に、勤務日の前後の過ごし方を考えてみたり、食事もきっちりと考えて取るように、ライフスタイルそのものを変えなきゃダメ

私なんて、30歳から10年以上、毎朝、ヨーグルトに黒ごまきな粉入れて、プルーン3粒、バナナという朝食を365日、欠かすことなく続けました数年前、突然、その朝食に飽きて、玄米ご飯に変えて。今は毎朝、玄米ご飯、お白湯、フルーツを続けています

夜も21時以降は、なるべく家でゆっくり過ごすようにしているし。若い時の夜遊びがウソのような品行方正な生活です。それと、嫌いな人とは会わない。たとえ仕事でも、好きな人としか飲みに行かない!(笑)

ニケ すごっ。恐いものなしっすね。

カワイ 当たり前よ。フリーランスでシングルなんだから、死ぬまで働かなきゃならないのよ~。体が第一そのためには、自分の体と心とちゃんと向き合って、悪い者は徹底的に排除するの。おかげでもともと少ない友人は、わずか二人ほどになりましたけど……(苦笑)。

更年期障害の症状も、ライフスタイルを見直すことで改善されます。あるアメリカの病院で、更年期障害の症状が認められる女性800名に、ホルモン治療を止めて、ストレスのない生活をしてもらうことにしましたストレスをゼロにするのは難しいのだけど働いている人であれば、自宅での仕事もオッケーにしてもらったり、家族とうまく行っていない人は、1週間だけ旅行に出かけたり、その人が「やってみたい理想の生活」に近い生活を送ってもらいました

そしたら、ほとんどの人たちが症状が改善されたの。特に、悲しい気持ち、ウツ傾向、記憶力低下、気力などの、心理的な症状がめちゃくちゃ良くなって、記憶力が上がった人も結構いました

ニケ へ~。おもしろい~。好きなことやればいいんだ

カワイ そういうこと。うまくストレスを発散するように、今まで以上に「楽しむことを頑張る」のがいいと思いますよ

それともう一つ。仕事をするときに、自分にばかり向けていたベクトルを、後輩に向けてみてください後輩たちの、背中を押すような働き方。ちょっとだけ彼らのことを気にして、うまくやれてない人がいたら、そっと声を掛けるとか、逆にうまくやったときには、お祝いにランチに誘ってみるとか。そうすると、今までとは違う満足感が得られたり、新しい自分を発見できたりすると思いますよ。星飛雄馬のお姉さんが、柱の陰から飛雄馬を支えてたようにね。

ニケ もうっ! 薫さん! せっかく分かりやすい話でチャンチャンと終わりそうだったのに、明子姉ちゃん出したら分からないでしょ!

カワイ ニケちゃん、よく知ってるわね(笑)。相談者が40代だったので、明子姉ちゃんで終わりにします! また次回~!

文/河合薫 写真/PIXTA

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)2016.04.25

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】