恋人のいない女性→男性に興味が持てない

昨今、「異性の交際相手も友人もいない」若者が半数を越え、結婚に消極的な人が増加していると言われている。先日もこの「恋愛離れ」の現象について20代~50代の男性を対象にしたアンケート調査で、恋人のいない男性のうち「恋愛することに興味がない」男性は約20%で、「恋愛に興味がない理由は趣味が大事」との回答が約4割を占める結果となった。日本法規情報株式会社では、同社が運営する「離婚・調停相談サポート」「法律事務所検索サポート」「弁護士事務所検索サポート」の運用情報やユーザーへのアンケートを元に、20代~50代の女性の方を対象にした女性の結婚観・恋愛観に関する意識調査を行なった。調査の結果、恋人のいない女性が男性との交際に興味が持てない理由の1位は「結婚に興味がないから」となった

「現在恋人がいない女性の人を対象に行なった、これまでの恋愛経験について」についてのアンケート調査の結果、「2~3人と交際したことがある」が最も多く30%、続いて「4~10人未満と交際したことがある」が24%、「交際とは思うが交際したことがない」が13%、「今までに1人とだけ交際したことがある」が12%、「交際したこともないし、付き合いたいとも思わない」と「10人以上と交際したことがある」がそれぞれ10%という結果となった。男性と普通に交際歴がある女性が9割近くを占める中、「交際したこともないし、交際したいとも思わない」と考える女性が10人に1人はいる結果に

「男性と交際経験もなく、男性と交際したいとも思わない」と回答した女性を対象に、その理由についてアンケート調査を行なった結果、「結婚に興味がないから」が最も多く33%だった。続いて、「趣味に時間を費やしたいから」が24%、「同性の友人との時間が楽しいから」が18%、「男性との付き合いが怖いから」が14%、「男性に興味がないから」が12%という結果になった。また、自由回答では「結婚に興味がない理由」として「結婚して家政婦のようになるのが嫌だ」「子供を育てる自信がない」「今の生活が充実していて楽しいので、結婚して生活を変えたくない」「他人と同居するのが苦痛だ」という回答もみられた。

「男性と交際したいとは思うが、実際は交際したことがない」と回答した女性を対象に、その理由についてアンケート調査を行った結果、「誘い方が分からない」が最も多く19%という結果となった。続いて「恋愛で傷つくのが怖い」「男性との付き合いが怖いから」がそれぞれ16%、「ルックスに自信がない」が15%、「自分のプライド(理想が高い等々)」と「自分の収入が低い」がそれぞれ13%、「学歴が低いコンプレックス」が6%という結果となっている。

また、男性側に行なったアンケート調査と同様、「SNSでの疑似恋愛で満足している」という回答も多く目立った。「恋愛ドラマを観ていたり、恋愛ゲームをしている方が傷つかないし、楽」という回答も多くあり、女性は恋愛シミュレーションゲームにはまる傾向が強い可能性があることも明らかとなっている

平成13年度の国民生活白書(内閣府)によると、中高年世代では「離婚は極力避けるべきである」「女の幸福はやはり結婚にあり、仕事一筋に生きるべきではない」伝統重視の割合が高いのに対し、若年世代では結婚しても子供を持つ必要はない」「結婚しなくても豊かで満足のできる生活が出来る」など多様性重視の割合が高いという発表がある。「若者の恋愛離れ」とメディアでは取り上げられているが、このようなライフスタイルの多様化、結婚観に対する多様化が「恋愛」や「結婚」に対する熱量を失わせる結果につながっているのかもしれない

参考 Sankei Biz  2014.12.06

 

【関連する記事】