性行為が苦手な女性の付き合い方

四月に入り、新生活を始める方も多いのではないでしょうか。今回は紹介するお悩みは、セックスが苦手で精神的にも肉体的にも辛くなってしまうという女性からのご相談です。結婚の話が出ても、性生活のことを考えてしまうと自信がなくなってしまうとのことですが……。表立っては話しにくい性のお悩みに、フェル先生が送るアドバイスとは?

【その他の画像はこちら】

●セックスが辛く、毎日情けない気持ちです

フェル先生、こんにちは。37才にもなってお恥ずかしい話ですが、ご教示いただきたいです。
どうにもセックスが苦手です。大好きな相手なのに、気分が高揚しません。スイッチが入らないというか、やる気が起きないし、なんとなくデメリットしか思い浮かびません

今までお付き合いした方とは、セックスできなくなる→浮気される→別れるを繰り返してきたので、求められたら出来るだけ応えてますが、調子が悪いと、緊張がすごいんです体ガチガチ、手汗がひどくなって、ひどい時は足の裏まで汗びっしょりになります……。余計に恥ずかしいです

付き合って6年になる彼は、 理解しようとしてくれ、協力してくれます。結婚の話が出ていますが、特にセックスの問題で私は自信がなく断り続けており、もう彼は限界かもしれません。セックスの回数もうちょっと頑張ろう、月1回は少ない、毎日は無理でも1週間に1回くらいはしたいと言われます。で、私が身体的にも精神的にもちません男性経験が少ないとかでもなく、彼を喜ばせるような技術も磨いてきました。話し合ったり、私も勉強したり、努力したりしていますが、セックスの事を考えると追い詰められて泣きそうになる時があります

セックスが楽しいとか、愛が深まるとか、そういうことを感じられない私はどうしたらいいんでしょうか? ツラいけど、別れた方がお互いのためでしょうか?  誰にも言えず、毎日情けない気持ちです。下らない悩みですみません。 男性からの私のような女に対する意見を聞かせてください。 よろしくお願いいたします。

(37才・女性・公務員)​

A.あなたのご相談を読んで、今から12,3年ほど前に親密交際していた女性のことを思い出しました。彼女は埼玉県に住む専業主婦で、幼稚園の年長組に通う男の子が一人いるごく普通のママさんでした。ご主人は確か保険会社のトップ営業マンか何かで、あるスポーツでインカレまで行ったという大変なスポーツマンとのことでした。友人が銀座の小さな画廊を借りて開いた個展で知り合った彼女とフェルメールの話で盛り上がり、「それじゃ今度食事でも」と、まったく社交辞令的に言った言葉にフワッと乗ってきた、という流れでした

彼女はフェルメールやレンブラントと言ったオランダ黄金時代の画家の作品が大好きで、新婚旅行にはそれらの作品を見たいが為に渋るご主人を説得してアムステルダム国立美術館の見学に三日間も費やしたと言うほどに美術の好きな人でした。私は美術関係に全く明るくないのですが、そのときたまたま『謎解き フェルメール』という興味深い本を読んだ直後で(これは本当に面白いです。一読をお薦めします)、フェルメールに関する“にわか知識”を偶然にも持ち合わせていたのでした。3回ほど食事をして、いい雰囲気になってきたのですが、彼女はセックスを頑なに拒みます。私は既に臨戦態勢で、食事の最中からチンポコが半立の状態になっ……いや、露骨な表現で失礼しました。ともかく私としては完全にヤル気になっていて、彼女も満更ではなさそうなのに、頑としてホテル行きを拒むわけです。理由を尋ねると、「セックスが怖い」と言う

詳しく話を聞いてみると、絶倫のご主人は毎晩毎晩彼女を求めて来ると。もう生理だろうが何だろうがお構い無しに、彼女に覆い被さり前戯もソコソコに挿入して来るのだと言うだからセックスが嫌で嫌で仕方が無い、ペニスが怖くて仕方がない、と。なるほど事情は分かりますが、私も誘った以上は「はいそうですか」と引き下がるわけには行きません。渋る彼女をマアマアとなだめすかし、最後には「何もしないから……」と古典的な台詞を吐いてホテル入りを果たしたのでした

詳細は省きますが、ともかく私はじっくり時間をかけて彼女をオルガスムまで導きました。行為の後、彼女はさめざめと泣いていました。彼女は今までの性体験の中で、所謂“イク”という経験がなかったのです。ご主人の稚拙なセックスは以降も続くのですが、彼女はそれから徐々にご主人との行為“でも”イクようになって来ました。つまり、彼女の身体は未開発だった訳です。結婚して子供まで産んでいる女性でも、オルガスムを経験していない女性は実は結構な割合で存在します。そして、そうした女性であっても、安易かの拍子に一度イク事を経験すると、以降は徐々に“イク身体”に変化していくものなのです

前置きが長くなりましたが、あなたも同じ状態なのではないかと思います。

今まであなたはオルガスムを経験したことがないでしょう。所謂”イク”状態を体験したことがない。一度オルガスムを体験すると、身体の中でひとつの回路が形成されたような状態になります。様々な言い方が出来ますが、つまりは「カラダが開発された」という事です。誠に残念なことに、あなたが今まで交際してきた男性は、あなたの身体を開発することが出来なかった。これはあなたがご自身で何とか出来る問題ではありません。話し合いも、勉強も、努力もムダなことです

また、心の持ちようで変えられるものでもありません。ではどうすれば良いか。

ズバリ、セックスの上手な人と何回か寝て、オルガスムの回路を形成することですいったん回路が形成されれば、以降は驚くほど短期間に身体は変わって行きます。多くの臨床例を見て来た私が言うのですから間違いありません(一部では日本ORG開発公団と呼ばれています)。

友人関係の伝手をたどって、何とかセックスの上手な男性を見つけて下さい。そしてその男性と何度か割り切ったセックスをして、オルガスムの回路を形成して下さい。破廉恥極まりないことを申し上げますが、それが最も確実で、また唯一の方法です。今の彼氏が悪いのではありませんが、彼とは何をどのように努力しても解決することではないと思います。頑張って下さい。女性の身体は何歳からでも必ず変わります

●フェル先生のお言葉

1月に新しいクルマを買ったのですが、今シーズンは電車でスキーに行くことが多く、自分のクルマでスキー場まで出かける機会が有りませんでした。で、今頃になって、やっと自分のクルマにスタッドレスタイヤを付けて雪道を走って来ました。いや本当にどんな道でもバキバキ走れます。因みにタイヤはミシュランのLATITUDE X-ICE XI2vというものです。高速でも安心して走れる、非常にバランスの良いタイヤでした。

フェルディナント・ヤマグチ

cakes2016.04.01

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】