急増→おじさん好き20代女子

 51歳の彼氏と23歳の彼女そんな年の差カップルを描いたドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)が話題だ。週刊SPA!では、今まで「おじさん好き女子」の生態を何度も何度もしつこいほど取り上げてきたが、実際に「おじさん好き女子」はやはり増加傾向にあるという彼女たちはなぜ若い男性を見限り、おじさんと愛を育むことを至上とするのか。ここでは、そんな実例のひとつを紹介しよう。

◆同い年で束縛の激しい彼氏を捨て「バツ3男のギャップ」に萌える日々 ――橋本愛子さん(仮名・24歳・ホステス)の場合

誰もが憧れる高嶺の花、銀座のホステス。当然、その交際相手は金持ちかイケメンのみと思いきや……橋本さんが同棲4か月目の相手は3度の離婚歴がある47歳の中年。美人でスタイルも良いのに、なぜ!?

「もともと同い年の彼氏がいたのですが、かなり束縛の激しい性格でした。当然、銀座で働くのにも猛反対されて何度もケンカに発展。そんなときに知り合ったのが当時、掛け持ちで働いていた職場の上司だった今の彼氏です

橋本さんの以前の勤務先はレコード会社。彼は業界でそれなりに名の知られた存在だという。

「私も音楽が好きですが、彼はそれ以上に知識が豊富。でも、それを誇示しないところや仕事熱心な姿に惹かれました。一方で、二人で飲んでいるときには自分の生え際やビール腹を気にしたり、仕事がツラいときは落ち込んだりする普通のおじさん。普段は頼りがいがある分、たまに見せる甘えた姿のギャップがたまらないんです

同棲を機に橋本さんは職場を離れ、ホステスに専念。彼は常に彼女の意思を尊重してくれるという

「前の彼氏と違って、私を認めて自由に行動させてくれる。そんな男、同世代には絶対いません

私が年上にハマった理由『経験豊富さとダメさのギャップに萌えるから

「音楽業界という派手な業界だからだろう」と一笑に付してしまうのは早計。3/1発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[おじさん好き20代女子]の見分け方』では、ほかにも“普通のおじさん”が20代女子から現在進行形で愛されている実例が続々登場する。また、「犬山紙子と潮凪洋介」というおじさん好き女子を熟知した二人による対談も掲載。果たして、おじさん好き女子という女神はどこに生息しているのか。その気になる詳細はぜひ本誌で確認されたし! <取材・文・撮影/SPA!編集部>

週刊SPA!  2016.03.02

images (3)images

【関連する記事】