怖い!「骨の老化」は20代からどんどん進む

「骨祖しょう症」と聞くと、高齢者の生活習慣病というイメージを持っている人も少なくないでしょう。ですが近年、高齢者だけでなく、若年層の「骨密度」の低下が問題視されています

「骨密度」は、骨の強度を表す値。成人で80%以上が正常とされ70%以下まで低下すると「骨粗しょう症予備軍」となってしまいます。ただ、一般的な健康診断の項目にはないので、自分の値を知らないという人が多いのではないでしょうか。

骨密度低下の原因は、主にカルシウム不足と運動不足ちなみにカルシウム不足は、イライラの増幅、集中力の低下など、精神面にも悪影響を来たしますので、併せてケアしておきたいですね

■ 骨は知らないうちにどんどん老化する

 成人の体は、全体重の約1%がカルシウムでできていますそのカルシウム量の99%が骨や歯の材料となり、残りの1%が血液や筋肉の形成、そして集中力などにかかわる精神安定のために使われます

骨の形成は、成長期とともに最盛期を迎え20歳を過ぎると早くも減少に転じます。その後は、日々のカルシウム食品の摂取で骨量が減らないよう努力しなくてはなりません。また、骨は動かすことによって鍛えられるという特質があるので、オフィスにこもりきりのビジネスパーソンは要注意年齢に関係なくどんどん老化する!」と、肝に銘じましょう。

運動時間を取れない方は、通勤の際、一駅先まで徒歩や自転車で行くようにしたり、駅ではエスカレーターではなく階段を利用するようにしたり、意識的に骨を動かす機会を増やしましょう

とはいえ、やはり食事面は最重要。厚生労働省の調べでは、働き盛りの20~50代(男女)の1日のカルシウム摂取量は、いずれも400mg台です。国の推奨量は成人男性の場合、20代が 650mg、30~40代は550mg、50代は600mg、成人女性は20~50代いずれも550mgとなっていますどの年代も大幅にカルシウム量が 足りていないのが現実ですね

骨はカルシウムが主な材料ですが、それだけでは生成されませんカルシウムはマグネシウムとセットで働くので、マグネシウムが不足している場合も、骨密度は高まらないのですほかにビタミンCやD、ビタミンB群、タンパク質などの摂取も重要になってきます

人間の皮膚の奥にはコラーゲンが網目状になって張り巡らされていますが、このコラーゲン、肌だけでなく、カルシウムが骨に沈着して骨密度を高めるお手伝いもしてくれますそれにはタンパク質とビタミンC、そしてコラーゲンの劣化を防いでくれるビタミンB群を摂る必要が出てきます。以下の食材を目安にしてみてください。

・カルシウム … 干しエビ、牛乳、小魚、魚介類、ヨーグルト、モロヘイヤ、小松菜、ひじき、ごま、わかめ
・マグネシウム … アサリ、青背魚(いわし、さんま、サバなど)、ごま、アーモンド
・ビタミンD … キノコ類、鮭
・ビタミンB群 … キノコ類、レバー
・ビタミンC … 野菜・果物全般
・タンパク質 … 肉類、魚介類、大豆食品
・クエン酸 … 梅、オレンジ、レモン
■ コンビニで見つかる「骨密度アップ食」は?

カルシウムの不足は、骨密度の低下だけでなく、イライラ、集中力の低下にもつながるので、くれぐれも不足しないよう、選ぶメニューに気を配ってみましょう

〈みわ子流、骨の老化に対抗するコンビニ飯! 〉
・エビと青菜のパスタ + アーモンド
エビからカルシウムとタンパク質、青菜からビタミンCが摂取できます。おやつにアーモンドを食べればマグネシウムも揃います。
・ボンゴレパスタ + ミニサラダ + ヨーグルト
たっぷりのあさりでマグネシウムとタンパク質を補給しておきましょうヨーグルトからもカルシウムが補給できます。ミニサラダを加えればビタミンC摂取に。
・ゆで卵 + カフェラテ + キノコサラダ(ごまドレッシング)
食欲がない時にオススメの組み合わせ例です。カフェラテなら牛乳を使用しているのでカルシウム補給に。キノコサラダにごまドレッシングをかければマグネシウム補給になります。キノコ類はビタミンDやB群、ゆで卵からタンパク質補給、サラダでビタミンCを。軽い食事でもこれだけ揃えられます!
・お弁当選びのポイント
幕の内弁当系なら、鮭と梅干し、ごま、ヒジキの煮物なのが定番ですね。これだけで骨密度 アップには理想的なお弁当。ひじきや鮭からカルシウム、ごまからマグネシウム、そして鮭にはタンパク質とビタミンDも含まれます。カルシウムの吸収をよくす るクエン酸も梅から摂取できます。お弁当を選ぶときは鮭と梅干し、ごまをキーワードに選んでみましょう

昔から、折れない精神の持ち主を「気骨があるやつ」、とにかく一生懸命働くことを「粉骨砕身」と言ったりしますが、骨はそれだけ、人間にとって重要な組織だということではないでしょうか。知らないうちに老化させないよう、丈夫な骨と精神を日頃の食事で養っておきましょう

★★骨粗鬆症の原因ともいわれますカルシウム不足には、バランスのとれた吸収率の高いカルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラルが必要です。

この重要なミネラルは、沖縄与那国島産天然化石サンゴミネラル「ドナン・DONAN」にバランスよく豊富に含まれております。

特にカルシウムは「ドナン」1㌘に390mgと牛乳2本分を含んででおります

また、高血圧・糖尿病・などを予防するにも極めて効果的です。 (無理せず長ーく続けて下さい)

donan

参考 東洋経済オンライイン 2015.04.21

【関連する記事】