心が若い人は長生き傾向

自分は実年齢より若いと感じている人は、そうでない人に比べて実際に長生きする傾向があるという調査結果を英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン大学の研究チームがまとめ、米医学誌のオンライン版に発表した。

それによると、研究チームが調査対象とした6489人の平均年齢は65.8歳だったが、自分で実感している年齢の平均はそれより10歳ほど若かったほとんどが実年齢より若いと感じており、大半が実年齢より3歳ほど若いと感じると答えた一方で、実年齢を1歳以上上回っているように感じるという人は4.8%にとどまった

対象者をその後8年にわたって継続調査したところ、実年齢より若いと感じると答えていた人の死亡率は約14%にとどまった。これに対し、実年齢以上に老いを感じると答えていた人の死亡率は24%を超えた実年齢相当と感じていた人の死亡率は18%だった

研究チームはこうした違いが生じる要因として、実年齢より若いと実感している人たちの健康体重の維持や医師の助言に従うなどの健康的な行動、回復力の強さ、優越感、生きる意志などが考えられると指摘。「実感年齢は変えられる可能性がある。実年齢より老けていると感じる人を対象に、健康的な行動を促したり、老化に対する姿勢を伝えたりできるかもしれない」としている

 CNN.co.jp  2014.12.18
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】