建造中の世界最大の客船→フランス

建造中の世界最大の客船が19日、仏西部サンナゼール(Saint-Nazaire)で進水した

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(Harmony of the Seas)」と命名されたこの船は、サンナゼールにある造船所で2013年9月から建造が進められてきた

完成時には、重さ約22万7000トン、全長362メートルになる予定でパリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)の高さより50メートル長くなる

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」は、現在、遊覧航行している世界最大の2隻の客船より幅が1メートルほど広いという。この2隻の全長は同じく362メートル

 収容人数は乗客6360人程度、乗員は2100人。試験航行は来年2月中旬予定で、初航海は来年5月、英サウサンプトン(Southampton)からスペイン・バルセロナ(Barcelona)までを予定している。

参考  AFPBB News 2015.06.20

【関連する記事】