店を出たら店員が追いかけてきた

金融資訊は15日、「中国が世界第2位の観光輸出国になるのに伴い、『銀聯』が中国人の国外での決済において最も選ばれるブランドになった」とする記事を掲載した

銀聯国際の蔡剣波CEOは現在、香港、韓国、日本などの市場で発行された銀聯カードはすでに世界の100前後の市場で頻繁に使用されており、銀聯受け入れネットワークの国際化がより顕著になってきている」とコメントしている。最新データによると、銀聯の国外受け入れネットワークはすでに150の国と地域にまで拡大しており、世界全体で2600万軒の商業者と180万台のATMが銀聯カードを受け付けているという

中国のあるネットユーザーは17日、掲示板に「日本人は本当に信用のある民族」とするスレッドを立て日本観光時に銀聯カードを使用したことで起きたエピソードについて紹介したところ、多くのネットユーザーの注目を集めた

スレ主は「日本人は本当に信用のある民族だ」としたうえで、「今日私はまた自ら体験してしまった。午後、ショッピングの会計を終えて店を出たところ、店員が追いかけてきた。銀聯カードを使っているからさらに割引になるところを、会計時に忘れていて4000円多くもらってしまったと店員は言う。そして、先ほどの決済をいったん取り消して、もう一度決済し直してくれたのだ。こんな事、わが国内では遭遇したことがない」綴った

この書き込みに対して、他のユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

同僚の中年女性は小日本を激しく恨んでいたのに、1度日本旅行に行って帰ってきたら、すっかり変わっていた

日本がG7の一角を占めているというのは決して簡単なことではない

旅行から帰ってきたばかりだが、差があまりにも大きいことを強烈に感じた

「だから日本人は他人からリスペクトされるのだ」

「歴史の問題がなければ自分は日本が好きで好きで仕方ないと思う

われわれはこの差を正視して、追いつかなければ。毎日のように『国の恥を忘れるな』なんて叫んでないでね

「何度か行ったことがあるけど、やはりアジア旅行では一番の選択肢だ!

「恐るべき民族だ

日本の道徳体系も中国から学んだもの中国はそれを自ら捨ててしまったのだ

「先進国はみんなそうだよ」

参考 FCUS ASIA  2015.04.19

 

【関連する記事】