幸福感を感じるため飲酒する→女性

アルコール依存症はお酒を飲む人なら男女を問わず誰でもかかりうる病気です。急性中毒症を含まず、持続的にアルコールを摂取することによって起こる、慢性的な中毒症状を言います
そのメカニズムは明確に解っていませんが、飲酒によって脳でドーパミンの量が増えることが知られています。また、アルコールを長期的に摂取したあとに禁酒すると、副腎皮質刺激ホルモン(ストレスを感じたときに放出される物質)の量が増えることも報告されています
つまり、幸福感を感じるために飲酒し、耐性ができるとその量が増え、飲酒をやめるとストレスを感じ、やめられなくなって進行していきます
その結果、精神的・身体的・社会生活に深刻な障害を生じるような状態がアルコール依存症です

女性が倍増、患者数109万人!
2013年に厚生労働省が行なった調査によると、アルコール依存症の患者数は、推計で109万人(男性95万人・女性14万人)にのぼり、この数は過去最高です
2003年に行なわれた同じ調査では患者数が80万人(男性72万人・女性8万人)でした。
10年間で29万人も増加し、中でも女性の割合は倍以上となっています

◆アルコール依存症の6つのチェックポイント
アルコール依存症の国際的な診断基準は次のようなものです。
過去1年間に1か月間以上、もしくは1か月間未満であれば繰り返し、下の3項目以上が該当した場合、アルコール依存症と診断されます。

飲めない状況で強い飲酒欲求を感じたことがある。または、今日だけは飲まないと思いながらも、つい飲んでしまうことが多い
飲む時間や量をコントロールできない。または、飲酒をしながら仕事・家事・育児をすることがある
量を減らしたり飲むのをやめたとき、離脱症状(手のふるえ・汗をかく・イライラする・寝付けないなど)が出たことがある
酔うために必要な量が増えた。または1日に飲む量が増えた
飲むことを優先し、仕事・趣味・人付き合いなど、飲酒以外のことをおろそかにするようになった
○飲酒によるトラブルが起きているのにも関わらず、飲み続けている。または、自分の飲酒にうしろめたさを感じている。

実際の医療現場での診断は、これに加えて、アルコール関連問題の程度や飲酒により社会的または職業的な生活がどれほど脅かされているかなどを考慮に入れて、総合的に判断されます。

◆3段階に分けられる治療法
治療は外来でも可能ですが、日本では入院治療が主で、次の3段階に分けられます。

1.解毒治療:心身に起きている合併症の治療と、離脱症状の治療。
2.リハビリ治療:個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認識して断酒の決断へと導く。本人や家族に十分な説明をしたうえで抗酒薬の投与、退院後のリハビリ治療を視野にいれて自助グループへの参加なども始める。
3.退院後のアフターケア:通院・抗酒薬の服用・自助グループへの参加、という「アフターケアの三本柱」を継続する。

アルコール依存症に効果的な薬は?
従来から使われてきた薬は、ジスルフィラム(商品名:ノックビン)とシアナミド(商品名:シアナマイド)の「抗酒薬」と呼ばれる薬です
抗酒薬を服用中に飲酒すると、悪心・嘔吐、頭痛、動悸、顔面紅潮、呼吸困難などの不快な反応を引き起こします。そのため、抗酒薬を服用している間は、飲酒をしたくなるような出来事があった場合、「気持ち悪くなるからやめよう」と、心理的に飲酒を断念しやすくなり、結果的に断酒の継続に役立ちます。
抗酒薬は、きちんと服用ができていれば、断酒維持のための効果は高いですが、飲みたくなったら抗酒剤の服用をやめてしまうといった問題点もありました
最近では、脳に作用して、飲みたいという気持ちを軽減させる作用を持ったアカンプロサート(商品名:レグテクト)が、比較的安全性が高いと言われています

★★★熱サイフォン式家庭用岩盤ベッドは、代謝がよくなり、さわやかな回復が望めます。

2015-01-24 15.41.13

参考 Mocosuku編集部 2015.04.03

【関連する記事】