平昌冬季五輪→深刻な欠陥

韓国の江原(カンウォン)道、平昌(ピョンチャン)で2018年に開催される冬季五輪

国際スキー連盟から平昌五輪のスキージャンプ台が「深刻な欠陥」を持っているとの指摘が出た

16日、韓国政府の文化体育観光部(文化部)は同部の長官が17日に平昌を訪問、スキージャンプ台を点検すると発表した。国際スキー連盟が同ジャンプ台に対して「国際大会が不可能なほどの深刻な欠陥を持っている」と指摘したことによる点検。

韓国ロッテの会長であり、大韓スキー協会の辛東彬(シン・ドンビン)会長も長官と同行する予定。辛会長は、日本生まれで重光昭夫氏と呼ばれている。

一方、平昌オリンピック組織委員会は、国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員長が平昌五輪の分散開催はしない、と述べたことを明らかにした

IOCの中長期改革「アジェンダ2020」が開催地以外での競技実施を認めたが、平昌五輪は計画通りの場所で競技を行うことになったとのこと

参考 wow!korea2015.01.16

【関連する記事】