平成27年の出生率→1.46

厚生労働省は23日、平成27年の人口動態統計(概数)を発表した。女性が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は1・46で、前年を0・04ポイント上回り、2年ぶりのプラスとなった1・50だった6年以来、21年ぶりの水準。都道府県別では、前年と同様、最も低いのが東京の1・17(前年比0・02ポイント増)、最も高いのは沖縄の1・94(同0・08ポイント増)だった。

厚労省は合計特殊出生率が上向いた理由に関し「25、26年ごろに経済状況や雇用情勢が好転し、子供を産もうと思った人が増えたことが考えられる」としている。25~29歳の出生率は5年ぶりの増加となった。

出生数は前年比2117人増の100万5656人で、5年ぶりに増加に転じた30歳以上の出生数が増えた影響が大きいが、29歳以下は減っており今後、出産世代とされる15~49歳の女性人口の減少に伴い、出生数は減少傾向が進みそうだ第1子出産時の母親の平均年齢は30・7歳。前年比0・1歳上昇し過去最高を更新しているが晩産化傾向は鈍化している

一方、死亡数は129万428人(前年比1万7424人増)で戦後最多。死亡数から出生数を差し引いた人口の自然減は28万4772人で、過去最大の減少幅となった

婚姻は63万5096組と前年比8653組の減少で、戦後最少を更新離婚は22万6198組で、前年に比べ4091組増えた

産経新聞2016.05.23

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】