希土類磁石→高効率回収精製

 三菱マテリアルは18日、使用済み家電製品のモーターから、レアアース(希土類)磁石を高効率に回収精製する技術を開発したと発表した。乾式処理と湿式処理を組み合わせることで、回収効率が向上した投資額は試験プラントで約2000万円、実用プラントで5000万円程度となる見込み。設置する拠点は未定だが、技術供与も含めて将来的な事業化を検討している。

日刊産業新聞 2016.03.22

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】