市場参入へ経済対話→日アルゼンチン

日本とアルゼンチンがビジネス環境などの整備に向けて協議を始めることが分かった

 両国の本格的な経済対話は初めてアルゼンチンは昨年12月の14年ぶりの政権交代以降、経済開放政策を進めており、日本は市場参入を加速するため、貿易・投資環境の整備を働き掛ける

 ブラジルに次ぐ南米2位の経済規模を誇るアルゼンチンは穀物の主要輸出国で、シェールガス埋蔵量も豊富海外投資の誘致に積極的なマクリ大統領は欧米接近を急いでおり、日本企業からは市場参入への強い関心が寄せられていた

時事通信 2016.04.02

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】