崖っぷち中国→切り札

中国メディアの中国新聞社は23日、中国政府が打ち出した製造業の高度化を目指す「中国製造2025」について、「中国が製造強国へ邁進するうえでの主戦場の1つがインフラ市場だ」と論じた

記事は、「中国製造2025」について、今後10年間における製造業の発展方針を示したものだと紹介し、中国が今、製造業の高度化という切り札を打ち出した理由として「国内外の情勢と大きなかかわりがある」と指摘

さらに、中国の李克強首相の話を引用し、ドイツや米国が製造業の高度化を推進しているうえ、中国国内の経済は下振れ圧力が高まっていると紹介、「中国経済の成長を保つために情報通信技術と融合した新しい製造業を実現する必要がある」と論じた

続けて、中国工業情報化部の毛偉明副部長の発言として、「中国製造2025」とは「規模から質」への転換を意味するものだと指摘し、現在の中国製造業は「技術で他国の制限を受け、基幹技術もない」と指摘。また、中国製品にはブランド力もなく、産業構造も非合理的であるため同質化が著しいと現在の問題点を指摘した

一方で記事は、中国の機械設備や電力設備、造船といった分野のほか、航空宇宙産業や鉄鋼といった分野について「世界最先端ではないにしても、世界でも競争力はある」と主張今後は、高速鉄道だけでなく、原発といったインフラの輸出を推進する方針であることを指摘したうえで、中国の李克強首相の発言を引用し、「中国は先進国と協力したうえで開発途上国の市場開拓を進め、“三方良し”を実現する必要がある」と論じた

参考 サーチナ 2015.06.28

【関連する記事】