小型無人ヘホリでAED搬送

心臓発作による突然死を防ぐ自動体外式除細動器(AED)を小型無人ヘリコプターで運ぶ公開実験が19日午後、千葉市のゴルフ場「京葉カントリー倶楽部」で行われ、成功した。実験を行った鈴木真二東京大教授は「日本初の実験ではないか。無人航空機を安全に飛ばす実験やルール作りが国内外で始まっており、普及への第一歩になる」と話した
AEDの一般利用解禁から10年を機会に医師らが設立した「『減らせ突然死』プロジェクト」が実験に協力

実行委員長の三田村秀雄・立川病院長は「不整脈の心室細動が起きると、1分ごとに生存率が1割低下する。心室細動は運動に関連して起きることが多く、ゴルフ場やグラウンド、スキー場、海水浴場などでAEDをすぐ運べれば、助かる可能性が高い」と説明した

実験にはプロペラが八つあるドイツ製の小型ヘリ(重さ約3キロ、約20万円)を使用ケースを除いたAED(重さ約2.5キロ)を取り付け、クラブハウス前から約70メートル離れたコースまで秒速3メートル程度で飛んで着陸することを繰り返した飛行は全地球測位システム(GPS)を利用した自動操縦ができる
鈴木教授は昨年7月発足した「日本UAS(無人航空機システム)産業振興協議会」(東京都千代田区)の理事長を務めており、国土交通省とともに無人航空機の飛行ルール作りに取り組んでいる。鈴木教授は「機体整備や操縦者の資格の認証制度を作り、落下事故に備えて対人・対物保険に入れるようにする必要がある」と話した

参考 時事通信 2015.01.19

【関連する記事】