家電向けWi-SUN無線機を開発

情報通信研究機構(以下、NICT)は2015年1月30日、Home Area Network(宅内無線ネットワーク/以下、HAN)用Wi-SUN認証規格に準拠した無線機の開発に「世界で初めて成功した」と発表した

Wi-SUNはこれまでに「Bルート」と呼ばれる「スマートメーターとHEMSコントローラー間」を接続するためのプロファイルが策定され、東京電力をはじめとした複数の電力会社に採用されている

Wi-SUNの規格策定を行うWi-SUNアライアンスは2015年1月29日に、新たなプロファイルとしてHEMSコントローラーとエアコンや照明などと接続するためのHAN用プロファイルを策定。1対1の通信であるBルート用プロファイルに対し、HAN用プロファイルは1対多数の通信に対応した他、HEMSコントローラーと家電との間に中継器を介した通信などに対応させた点が特長になっている

NICTでは、このHAN用Wi-SUNプロファイルを実装した無線機を開発し、単一HEMSコントローラーに対する複数家電の接続、HEMSコントローラーと家電間で無線の中継を介する接続において、動作を実証した

参考 EE Tims Japan 2015.01.30

 

【関連する記事】