家計金融資産→1741兆円

日本銀行が25日発表した2015年10~12月の資金循環統計(速報)によると、家計の12月末時点の金融資産残高は前年同月比1・7%増の1741兆円で過去最高を更新した

うち「現金・預金」が1・3%増の902兆円「株式等」が2・9%増の169兆円「投資信託」が4・1%増の96兆円だった。

一方、日銀が保有する国債の残高は12月末時点で前年同月比29・5%増の331兆円となり、過去最高を更新した

量的・質的金融緩和政策で国債を大量に買い入れているためで、国債の発行残高(1036兆円)に占める日銀の保有割合は32・0%に達した

読売新聞 2016.03.25

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】