室温50度超→ソーラー反射で熱中症

 太陽光発電施設のソーラーパネルの反射光が自宅内に入り、室温が上昇して熱中症になったとして、兵庫県姫路市の建設業男性(64)が9日、施設を管理する再生可能エネルギー開発会社「JAG国際エナジー」(東京都千代田区)を相手に、パネルの一部撤去と330万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁姫路支部に起こした

訴状によると、施設は同市白鳥台の住宅街に隣接し、約2万平方メートルの敷地ほぼ全面にソーラーパネルを設置。2014年6月頃に完成後、反射光が、施設西側の男性宅2階の居間などに差し込むようになった

男性や近隣住民が苦情を同社側に伝えたところ、同年冬に植樹や、遮光ネットが張られるなどしたが、室温は上昇し、今年8月の晴天時には最高50度を超え、男性と妻が熱中症などと診断されたとしている。同社は「訴状が届いておらずコメントは控えたい」とした。

参考 読売新聞  2015.09.10

【関連する記事】