安倍首相講演「反省」はあったが謝罪なし

韓国・聯合ニュースは22日、安倍首相がジャカルタのアジア・アフリカ首脳会議(バンドン会議)で同日行った基調講演について「韓国にとって残念なレベルにとどまった」とし、「韓日関係改善がますます難しくなる」と論評した

記事は安倍首相の講演を「第2次世界大戦について『反省』という表現を使いながらも、『植民地支配と侵略』、『謝罪』などの言及はしなかった」と紹介韓国政府がこれまで国際舞台で発信してきた「良いきっかけ(=戦後70周年)を逃してはいけない」というメッセージに応えることなく、「謝罪と反省を込めた村山談話や小泉談話と距離を置いた」と解説し、「韓国にとって残念なレベルにとどまった」と批判した

記事はまた、「遺憾を表明して村山談話、小泉談話など歴代内閣の歴史認識継承を促すほかに方法がない」と韓国政府が手詰まり状態にあると指摘韓国政府は米国を通じて圧力をかける方針だが、これまでのところ効果は上がっておらず、安倍首相の訪米と議会演説で日米防衛協力指針改定などがまとまれば「韓国政府は何の進展も得られない」懸念があるとしている

さらには、米国が歴史問題に対する日本の反省と謝罪を引き出さなければ、「韓米関係に及ぼす悪影響も懸念される」とも指摘安倍首相や習近平中国国家主席が基調講演を行ったバンドン会議を朴槿恵大統領が欠席したことも含め、「韓国外交の失敗」の懸念が高まっているとした

これに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

「日本を戒めないと東アジアの平和はない」

「安倍は悪い人。興味を持つ必要はない。ドイツのメルケル首相は光り輝いていたが、安倍にそういう輝きはない」

朴大統領はどこ?

米国と日本は同盟国韓国は米国の植民地

今も日本で売春している韓国人女性がいて、慰安婦の謝罪要求もうまくいかない

「別に日本に謝ってもらいたいとは思わない。セウォル号に無責任な韓国政府に謝ってほしい

「日本に期待しても無駄。首相が変わらない限り、韓日首脳会談はない」

集団的自衛権も手に入れたし、戦争がしたくて仕方がない。独島で武力衝突しようとするかもしれない」

「敵国の首長に興味も期待もない。安倍は金正恩と同じ」

「ドイツ人と日本人の違い。ドイツは褒められても、日本は褒められない」

「当分は外交関係は冷却したままにしておくしかない。経済力をつけて日本が韓国の方を向くようにしないと」

韓国政府よ、しっかりしろ。日本は自分の道を決めた。韓国も自分の道を歩んでほしい。このままでは米国から日本を国連常任理事国にしろと強要される可能性もある

朴大統領は南米観光中でこんなことには関心がありません

日本はもはや韓国と共有するものがない国になってしまった

参考 FOCUS ASIA 2015.04.22

 

【関連する記事】