学校給食→食べ残し7.1㎏/人

全国の公立小中学校の学校給食で出るごみが、1人当たり年17.2キロに上ることが、環境省の初の調査で分かったこのうち食べ残しは7.1キロになり、ご飯茶わん約70杯分に相当するという

調査は、2013年度の給食について市区町村教育委員会を対象に、今年1月6~30日、メールで実施した。1742自治体のうち79.7%(1389自治体)が回答した。

17.2キロの内訳は食べ残し7.1キロ▽野菜くずなどの生ごみ5.6キロ▽廃油などその他4.5キロ--だった。提供した給食のうち、食べ残しが占める割合は6.9%(欠席者を除く)だったまた、残飯やごみを校内の飼料や堆肥(たいひ)に使うリサイクル率は59%だった

 食べ残しやごみを減らすための取り組みを複数回答で聞いたところ、調理方法やメニューの改善(71.2%)▽ごみや食べ残しの水切り(70.2%)▽食育などの実施(64.5%)--などが上位だった

一方、農林水産省の09年度調査によると、大人の食べ残し割合は宿泊施設14.8%▽結婚披露宴13.7%▽宴会10.7%--など、学校給食を上回っている

環境省リサイクル推進室の担当者は「大人より少ないとはいえ、減らす余地はある学校で食べ残しの減少に取り組むことで、保護者の意識向上も期待できる」と話している

参考 毎日新聞 2015.04.30

【関連する記事】