妻の3割→夫とカラダの相性悪い

性格、生活サイクル、金銭感覚、人生観…。いざ、結婚を決めようとするとき、パートナーと相性が合っているのか気になるところはいくつもあります。悟ってしまったような既婚者には「そのうちどうでもよくなってくるもんだ」なんて言う人も出てきますが、そのなかでは「カラダの相性」も大事なこと。未婚者であればなおのこと気にするものでしょう。

実際のところ、世の既婚者は「夫/妻とのカラダの相性」をどう評価しているのでしょうか。20~30代の既婚者200人(男女各100人)に聞いてみました。
(協力:アイ・リサーチ)

〈夫/妻とのカラダの相性〉
「どちらかといえば良い」派 77.5%
「どちらかといえば悪い」派 22.5%

【男女別】
男性に聞いた!妻とのカラダの相性〉
どちらかといえば良い」派 82.0%
「どちらかといえば悪い」派 18.0%

女性に聞いた!夫とのカラダの相性〉
「どちらかといえば良い」派 73.0%
どちらかといえば悪い」派 27.0%

今どき結婚してから初めてベッドを共にする…というケースは少ないでしょうから、「明らかにカラダの相性が悪い相手」とは、そもそも結婚していないのかもしれません。そのせいか、夫/妻とのカラダの相性は「どちらかといえば良い」と答えた人が多数派でした

ただ、男性と女性で10ポイント近い差が出たのは興味深いところ。さらに少数派とはいえ、妻の4人に1人以上が「夫とのカラダの相性は悪い」と答えている点は見逃せません。

さらに、「夫婦生活の満足度」について点数で評価してもらったところ、ご覧のような結果に。

〈夫婦生活の満足度〉
平均64.6点(100点満点中)

0~25点12.0%
26~50点22.5%
51~75点20.5%
76~100点45.0%

平均して65点と考えれば“まずまず”の結果かもしれませんが、注目すべきは3人に1人以上が「50点以下」を付けていること。100点満点で50点以下といえば、「どちらかといえば不満」ということでしょう。それが3分の1以上とは、ある意味、ゆゆしき事態かも(?)しれません

ちなみに、「カラダの相性の良し悪し」と「夫婦生活の満足度」の関連を探ると、かなり露骨な差が…。

〈「カラダの相性は良い」と答えた人の満足度〉
●男性 平均73.2点
●女性 平均70.9点

〈「カラダの相性は悪い」と答えた人の満足度〉
●男性 平均33.1点
●女性 平均37.9点

「カラダの相性」が良いから「夫婦生活の満足度」が高いのか、「夫婦生活の満足度」が高いから「カラダの相性」が良いと思うのか…どちらともいえませんが、いずれにせよ「夫婦生活格差」とでもいうべきこの状況、結婚後の改善は難しいんですかね…。

参考 web R25  2015.06.02

 

【関連する記事】